(アーリー)・ジェネクス・バードマン/Genex Ally Birdman》

チューナー・効果モンスター(制限カード)
星3/闇属性/機械族/攻1400/守 400
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を持ち主の手札に戻して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果を発動するために風属性モンスターを手札に戻した場合、
このカードの攻撃力は500アップする。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 DUEL TERMINAL −トリシューラの鼓動!!−で登場した闇属性機械族下級モンスターチューナー
 A・ジェネクスの1体であり、自分フィールド上のモンスター手札戻す事で自身を特殊召喚する起動効果を持つ。

 闇属性機械族というサポートカードに恵まれた種族属性を兼ね備え、更にジェネクスの名を持つため対応するサーチャーも多い。

 自身を特殊召喚する効果を持っているため、通常召喚権を失わずにシンクロ召喚につなげることができる。
 ただしコストとして自軍のモンスターバウンスする、つまり自分フィールド上のモンスターの総数は変わらないため、単体でシンクロ召喚に繋げることはできない。
 《ジェスター・コンフィ》等の簡単に自身を特殊召喚できるモンスターコストにすれば、即座にシンクロ召喚を行うことができる。
 尚、効果発動後の《バトルフェーダー》など「フィールドから離れた場合除外されるモンスター」を戻すことはできず、このカード効果発動すること自体が不可能。

 特殊召喚コストバウンスは、戻すモンスターによってはメリットに変えることができる。
 特に「召喚時に効果発動するモンスター」や「1ターンに1度だけ効果発動できるモンスター」を戻せば、一定のアドバンテージを得られる。
 その例を以下に示す。

  1. 《終末の騎士》召喚して《D−HERO ディアボリックガイ》墓地へ送る事で《レアル・ジェネクス・クロキシアン》シンクロ召喚へ繋げる。
  2. 《魔導戦士 ブレイカー》召喚し、破壊効果発動後に即座に手札戻す
  3. フィールド上のを回収後、そのを再びアドバンス召喚する。
  4. 《ジェネクス・パワー・プランナー》効果でこのカードサーチし、《ジェネクス・パワー・プランナー》戻し特殊召喚し、一時期の《E・HERO エアーマン》の様に運用する。
  5. 《ダーク・クリエイター》《カオス・ソーサラー》《A・ジェネクス・ドゥルダーク》といった効果発動できる回数に制限のあるモンスター手札戻しこのカード特殊召喚する。
  6. 《幻銃士》戻しつつ銃士トークンシンクロ素材にする。
  7. 《デブリ・ドラゴン》《ジャンク・シンクロン》等の召喚時にモンスター蘇生するモンスター、あるいは蘇生されたモンスター手札戻す
    この時フィールド上に《コアキメイル・デビル》が存在していると無限ループを起こす事ができ、場合によっては1ターン目からの1ターンキルが可能。
  8. 【BF】において、効果使用済みの《BF−疾風のゲイル》手札戻し、それを自身の効果で再び特殊召喚効果を使う。
  9. 【E・HERO】【E−HERO】【D−HERO】において《E・HERO エアーマン》を再利用しHEROを複数回サーチする。
    この時《D−HERO ディアボリックガイ》手札加え《デステニー・ドロー》などで墓地へ送る事でシンクロ召喚へ繋げる事ができる。
  10. 【ゼンマイ】において、効果使用済みのゼンマイを再利用する。
    《ゼンマイネズミ》を用意してランク3をエクシーズ召喚すれば、自身の効果除外されるデメリットがなくなる。

 その他、モンスター効果コスト風属性モンスター戻し特殊召喚すれば攻撃力が1900となり、アタッカーとしても使用できるようになる。
 とりわけ《ガーディアン・エアトス》戻せば、攻撃力を上げつつ再び《ガーディアン・エアトス》特殊召喚でき、更に特殊召喚したこのカード除外されるので《ガーディアン・エアトス》召喚条件を阻害しないため、高いシナジーを形成する。

 【ジェネクス】は勿論、【帝コントロール】【ダーク・シムルグ】【機械族】といった属性種族を生かしたデッキのみならず、モンスターを中心とするデッキ全般に幅広く利用できるモンスターである。

  • その汎用性の高さに加えて、上記の【ガリス1キル】や【神風1キル】など、1ターンキルの温床となりやすいせいか13/09/01制限カードに指定された。

関連カード

―《A・ジェネクス・バードマン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果になります。
  なお、攻撃力を上昇させる効果フィールドから離れる場合除外される効果は、起動効果に含まれる処理となります。(10/01/20)

手札から特殊召喚する処理について
Q:《天罰》《剣闘獣の戦車》《王宮の弾圧》でこのカード効果による特殊召喚無効にされた場合、このカード除外されますか?
A:その場合手札から特殊召喚する効果無効になるので墓地へ送られますコストとして手札戻したモンスター手札に残ります。(10/02/12)

Q:相手モンスターコントロールを得ていた場合、相手手札戻して特殊召喚可能ですか?
A:可能です。(10/01/20)

Q:罠モンスター手札戻せますか?
A:はい、戻せます。(10/01/22)

Q:手札戻せないシンクロモンスター融合モンスター《究極封印神エクゾディオス》、自身の効果特殊召喚した《ゾンビキャリア》《バトルフェーダー》トークンなどをコストに選択できますか?
A:コストとして手札戻す必要があるため、いずれも選択することはできません。(10/02/22)

Q:永続魔法装備カード扱いで魔法&罠カードゾーンに置かれているモンスター手札戻せますか?
A:いいえ、これらのカードはモンスター扱いではありませんので戻せません。(10/01/26)

Q:《縮退回路》が存在する時に、このカード特殊召喚する効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(10/02/13)

Q:《縮退回路》が存在する時に、《王宮の鉄壁》がある場合、このカード特殊召喚する効果発動できますか?
A:《王宮の鉄壁》があるのであれば除外されないため、特殊召喚する効果発動できます。(10/03/22)

Q:表側表示《虚無魔人》手札戻し、自身を手札から特殊召喚できますか?
A:できません。(10/06/26)

攻撃力が上がる処理について
Q:風属性モンスター手札戻した時にこのカード特殊召喚する処理と攻撃力がアップする処理は同時に行いますか?
A:同時に行います。よって、このカード効果処理が終了するのは特殊召喚成功時となります。(10/03/22)

Q:風属性モンスター手札戻して《A・ジェネクス・バードマン》が特殊召喚された時に、《激流葬》《奈落の落とし穴》《王虎ワンフー》効果発動できますか?
A:《激流葬》《奈落の落とし穴》発動する事ができます。また、《王虎ワンフー》効果発動されません。(10/03/23)

Q:元々の属性風属性以外のモンスター《DNA移植手術》等の効果によって風属性になっていた場合、攻撃力上昇効果適用されますか?
A:適用されます。(10/01/19)

Q:風属性モンスター手札に戻したことで攻撃力が上がっているこのカードの効果が無効になった場合、攻撃力は元々の数値に戻りますか?
A:元々の攻撃力に戻ります。(14/10/10)

除外される処理について
Q:自身の効果特殊召喚したこのカード裏側表示にしました。
  フィールド離れる(例えば、墓地へ送られる)場合に、除外されますか?
A:いいえ、除外されません。例の場合は墓地へ送られます。(10/01/20)

Q:フィールドがすべて埋まっている(モンスターカードゾーンに空きがない)時に、効果発動できますか?
A:発動できます。(10/05/23)

Q:《A・ジェネクス・バードマン》を自身の効果特殊召喚した後、《王宮の鉄壁》発動しました。
  この《A・ジェネクス・バードマン》を、手札にいる別の《A・ジェネクス・バードマン》の効果発動の際手札戻せますか?
A:戻せます。(10/05/23)

Q:《A・ジェネクス・バードマン》を自身の効果特殊召喚した後、《王宮の鉄壁》発動しました。
  この《A・ジェネクス・バードマン》を、《アルカナフォースEX−THE LIGHT RULER》特殊召喚の為に墓地へ送れますか?
A:送れます。(10/05/23)

Q:《A・ジェネクス・バードマン》を自身の効果特殊召喚した後、《王宮の鉄壁》発動しました。
  この《A・ジェネクス・バードマン》を、《受け継がれる力》コスト墓地へ送れますか?
A:送れます。(10/05/23)

広告