(ディフォーマー)・クロックン/Morphtronic Clocken》

効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 600/守1100
このカードはこのカードの表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:このカードに乗っているディフォーマーカウンター1つにつき、
このカードの攻撃力は500ポイントアップする。
●守備表示:1ターンに1度、このカードにディフォーマーカウンターを1つ置く事ができる。
このカードをリリースする事で、このカードに乗っている
ディフォーマーカウンターの数×1000ポイントダメージを相手ライフに与える。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した地属性機械族下級モンスター
 表示形式によって攻撃力強化する永続効果と、自身にディフォーマーカウンター置く起動効果、自身をリリースする事で効果ダメージを与える起動効果を得る。

 ディフォーマーカウンターが乗るのは守備表示の時のみのため、通常召喚で展開する場合は《ガジェット・ドライバー》等で守備表示にする必要がある。

 攻撃表示効果で自身を強化できるが、元々の攻撃力が低く、ディフォーマーカウンター1つにつき500という数値は物足りない。
 そして、上記の理由もあり運用するには1ターン以上守備表示の状態で耐える必要がある。

 守備表示効果は、1ターンに1度自身にディフォーマーカウンターを乗せ、自身をリリースすることでダメージを与える効果
 最低でも1000ダメージを与えることができ、ターン数を稼ぎディフォーマーカウンターを貯めることで、《波動キャノン》のように大きなダメージを与えることができる。
 ただし、元々の守備力が低く、戦闘破壊されやすい。
 他のディフォーマー達を並べる等して守ってやる必要があるだろう。
 《D・モバホン》効果表側守備表示特殊召喚する事に成功すれば高い確率で1000ダメージ以上のバーン効果を期待できる。
 《D・ラジオン》等と共にビートダウンをし、その後《ガジェット・ドライバー》表側守備表示にしてダメ押しのダメージを与える等ができれば理想的である。

 《つまずき》《聖なる輝き》等の方法で守備表示召喚特殊召喚すれば《ファイヤー・トルーパー》のように使用する事もできる。
 ただし、ディフォーマーカウンターを乗せる効果バーン効果はそれぞれ独立しているので、ディフォーマーカウンターを乗せリリースするまでの間にも除去される可能性がある。
 しかし、《地獄の暴走召喚》《重力解除》を駆使して3体を守備表示で揃えられれば、3ターン守り抜けばデュエルに勝利できる。

  • その姿・形は「デジタル式時計(Clock)」になっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの第18話で龍亞が所持しているのが確認できる。

関連カード

―《D・クロックン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:《スキルドレイン》発動された場合、既に乗っていたディフォーマーカウンターはどうなりますか?
A:置かれていたディフォーマーカウンターは全て取り除かれます。(15/04/16)

Q:リリースコストですか?効果によるものですか?
A:コストです。(08/08/11)


Tag: 《D・クロックン》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 機械族 攻600 守1100 ディフォーマー

広告