(ディー)−タイム/D - Time》

通常罠
自分フィールド上に存在する「E・HERO」と名のついたモンスターが
フィールド上から離れた時に発動する事ができる。
そのモンスターのレベルと同じレベル以下の
「D−HERO」と名のついたモンスター1体をデッキから手札に加える。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した通常罠
 自分E・HEROフィールド離れた時に発動でき、そのE・HERO以下のレベルを持つD−HERO1体をサーチする。

 E・HEROを必要とするD−HEROサーチカード
 HEROをサポートする効果を持つ《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》ならば【D−HERO】でも採用されるので、これらをトリガーにする事になるだろう。
 条件が「フィールド離れた時」と緩く、破壊除外バウンスとあらゆるケースで発動可能ではあるが、ダメージステップには発動できないため、戦闘破壊に対応していない。
 また「時」の任意効果なので、《融合》などで自発的に墓地へ送ると、ほとんどの場合タイミングを逃す
 加えて、このカード手札加えるカードは1枚であり、結局のところ《増援》《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》効果を使うほうが現実的である。
 また、サーチ対象《D−HERO ドグマガイ》《D−HERO Bloo−D》ならばエクストラデッキ《Dragoon D−END》を組み込んで《融合準備》を使った方が安定する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードダメージステップ中に発動することはできますか?
A:発動出来ません。(08/06/24)

Q:E・HEROと名のついたモンスターデッキエクストラデッキに戻った時にこのカード発動できますか?
A:発動できます。(16/05/18)


Tag: 《D−タイム》 通常罠

広告