(ディー)−タクティクス》

永続罠
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
自分フィールドの全ての「HERO」モンスターの攻撃力は400アップする。
(2):自分フィールドにレベル8以上の「D−HERO」モンスター
または「Dragoon D−END」が特殊召喚された場合に発動できる。
相手の手札・フィールド・墓地のカード1枚を選んで除外する。
(3):魔法&罠ゾーンのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「D−HERO」モンスター1体を手札に加える。

 DARK NEOSTORMで登場した永続罠
 HERO全体強化を行える効果レベル8以上のD−HERO《Dragoon D−END》特殊召喚に成功した場合に相手手札フィールド墓地カード1枚を除外できる効果魔法&罠ゾーン破壊された場合にD−HERO1体をサーチできる効果を持つ。

 (1)の効果は毎ターン発動する全体強化
 変動はターン終了後も続くため、維持すれば次のターンには800まで強化される。
 全体的に低めなD−HERO攻撃力を補う事ができるが、《D−HERO ディストピアガイ》とのコンボを狙うことになるだろう。

 (2)は特定のモンスター特殊召喚した場合に、相手カード除外する効果
 発動条件となるモンスター融合モンスターが多い。
 罠カード故の遅さがあるので、相手ターンでの特殊召喚手段があると良い。
 除外の形は《氷結界の龍 トリシューラ》に似ており対象をとらない為、状況を問わず1枚除外できる。
 《Dragoon D−END》なら自己再生で繰り返し使用できる。

 (3)は破壊された場合にD−HEROサーチする効果
 自分破壊しても効果を使えるが無理にサーチするほどでもないので、除去への牽制程度に考えたい。
 《D−HERO ドレッドサーヴァント》の場合、戦闘破壊されるとこちらを破壊できる。

  • カード名の由来は、エドの代表的なセリフである「プロのタクティクス、見せてやる。」だろうか。

関連カード

イラスト関連

(2)のトリガーとなるレベル8以上のD−HERO

収録パック等


Tag: 《D−タクティクス》 永続罠

広告