DD(ディーディー)ヴァイス・テュポーン》

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2300/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分フィールドの「DD」モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキからレベル7「DDD」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られたターンの自分メインフェイズに発動できる。
レベル8以上の「DDD」融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分の墓地から除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 CODE OF THE DUELISTで登場する闇属性悪魔族最上級モンスター
 召喚に成功した時にDDモンスターリリースすることでレベル7のDDDモンスターリクルートする効果墓地から自身を含めた融合素材除外することでレベル8以上のDDD融合モンスター融合召喚できる効果を持つ。

 (1)は召喚に成功した場合にDDDリクルートする効果
 このカードリクルートしたモンスターランク7のエクシーズ召喚を狙うことが可能。
 しかしこのカード最上級モンスターであり、そのまま出すには2体のリリースが必要な上、さらにコストとしてDDモンスターが必要になる。
 一応、自身をコストにできるもののエクシーズ召喚は狙えず、その場合でもアドバンス召喚の負担が残る。
 アドバンス召喚である必要はないため、《死皇帝の陵墓》《悪魔の憑代》リリースなしで召喚しても良いが、【DD】にそれらのカードが採用される事はまず無い。
 他のDDモンスターが持つ蘇生効果を組み合わせリリース確保を狙うのが良い。

 (2)はレベル8以上のDDD融合モンスター墓地融合する効果
 効果融合召喚できるモンスターは現状《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》《DDD剋竜王ベオウルフ》の2体。
 同じ墓地除外融合召喚ができる《DDネクロ・スライム》と比べると、最上級モンスターなので手札事故の可能性が高く、融合召喚できるのは墓地へ送られたターンのみに限定され、融合召喚先のバリエーションにも劣る。
 一応、《DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン》融合素材として使う場合は「レベル5以上のDD」に該当するので完全な下位互換ではないが、それでも使い勝手が劣ることは否めない。

  • テュポーン(テュポンとも)は、ギリシャ神話に登場する怪物の名前である。
    エキドナとの間にケルベロスなど多くの怪物の子供を作っている。
    途方もなく巨大な体を持つ不死身の存在であり、その実力は大神ゼウスに匹敵する。
    どちらかというと敵サイドの存在であることから、「ヴァイス」は英語で「悪」を意味する「Vice」だろう。

関連カード

デッキから特殊召喚できるレベル7のDDD

このカード融合素材にできるレベル8以上のDDD融合モンスター

収録パック等


Tag: 《DDヴァイス・テュポーン》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 悪魔族 攻2300 守2800 DD

広告