E・HERO(エレメンタルヒーロー) The() シャイニング/Elemental HERO The Shining》

融合・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2600/守2100
「E・HERO」と名のついたモンスター+光属性モンスター
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードの攻撃力は、ゲームから除外されている
自分の「E・HERO」と名のついたモンスターの数×300ポイントアップする。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
ゲームから除外されている自分の「E・HERO」と名のついた
モンスターを2体まで選択し、手札に加える事ができる。

 遊戯王GX 第6巻 付属カードで登場した光属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの1体であり、融合召喚でしか特殊召喚できない召喚ルール効果除外されているE・HEROの枚数に応じて攻撃力強化する永続効果フィールド上から墓地へ送られた時に除外されているE・HEROを2体まで手札加える事ができる誘発効果を持つ。

 《E・HERO ガイア》等と同様、非常に緩い融合素材を持つ。
 光属性E・HEROには優秀なモンスターが多数存在することもあって、【E・HERO】においては融合召喚を簡単に狙うことができる。
 《超融合》を使用することで、強力なモンスターが多数存在する光属性除去することにも使用できる。

 効果は両方とも除外されているE・HEROに関係するものである。
 《E・HERO シャイニング・フェニックスガイ》《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》墓地E・HEROの枚数に応じて攻撃力を上げるのに対し、こちらは除外されているE・HEROの枚数に応じて攻撃力を上昇させる。
 2つめの回収効果も一度に2体のE・HERO手札加えることができ、魅力的な効果と言える。

 自身の融合召喚を補佐する《ミラクル・フュージョン》との相性は抜群に良い。
 これによって融合召喚した場合の攻撃力も上がり、回収効果も使いやすくなる。
 E・HEROには戦士族が多いので、《神剣−フェニックスブレード》を用いても良いだろう。
 回収効果によって《E・HERO エアーマン》回収できれば理想的であり、かつての【エアブレード】を思わせる。
 《E・HERO プリズマー》とのシナジーも抜群。
 自身が光属性であるためコストE・HERO墓地へ送り《ミラクル・フュージョン》融合召喚すればその後の回収効果によりデッキから落としたE・HERO手札に呼び込めるため擬似的なサーチをしたことになる。
 融合素材にもなり、《ミラクル・フュージョン》を回収できる《E・HERO フラッシュ》とも好相性。
 ただし惜しい事に回収効果の方は任意効果なので、タイミングを逃しやすいことに注意。
 加えて《E・HERO アブソルートZero》と違い墓地へ送られる必要もある。
 しかし破壊以外の方法で墓地へ送られてもよいため、《ダークエンド・ドラゴン》等の効果を受けても発動可能なのは利点。

 《フュージョン・ゲート》による特殊召喚も強力である。
 墓地へ送られても除外したモンスター手札に加え、さらなる融合召喚が可能。
 2体のE・HEROを素材にした場合、除去された際にも即座に2体目を融合召喚する事が可能なため、間接的な破壊耐性を持っているとも言える。
 《E・HERO エアーマン》を素材とすれば容易にアドバンテージを稼ぐことができる。
 さらに《チェーン・マテリアル》を使って融合召喚することで、エンドフェイズに自身を3体墓地へ送る代わりに、結果的にデッキからE・HEROを6体のサーチができる。
 ただし、直後に手札調整が発生するため何らかの対処方法を用意したいところ。
 墓地に落ちた場合、自身もE・HEROであることからさらに他のカードに繋げ易いのも大きな強み。
 手札《融合》等が存在しても、そうした手段で墓地へ送るタイミングを逃すため、そのまま自壊させた方が無駄な消費は抑えることができるだろう。

  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは、EXステージの十代が第9弾から使用。
    専用ボイスは特に設けられていない。

関連カード

属性融合E・HERO

―類似自己強化効果

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:攻撃力強化する効果永続効果手札加える効果誘発効果になります。(09/11/04)

Q:手札加える効果対象をとりますか?
A:はい、除外されているE・HERO対象にとります。(09/11/04)

Q:ダメージステップ中に戦闘効果などで墓地へ送られた場合でも、手札加える効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/11/05)

Q:裏側表示のこのカード裏側守備表示のまま墓地へ送られた時、手札加える効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/11/05)

Q:装備カード状態のこのカードフィールド上から墓地へ送られた時、効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/11/05)

Q:チェーン2以降でこのカード除去された場合、このカード誘発効果タイミングを逃しますか?
A:はい。タイミングを逃します。(09/11/04)

Q:《E・HERO ジ・アース》効果によりリリースされ墓地へ送られた場合、タイミングを逃しますか?
A:はい。タイミングを逃します。(09/11/04)

広告