Em(エンタメイジ)トリック・クラウン/Performage Trick Clown》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1600/守1200
「Emトリック・クラウン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「Em」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
その後、自分は1000ダメージを受ける。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 Em1体を蘇生して1000ダメージを受ける誘発効果を持つ。

 墓地へ送られた場合、墓地Emを0にして蘇生する代わりに、1000ダメージを受ける。
 コストではなくダメージを受ける効果であるため、《Emフレイム・イーター》効果発動トリガーにもなる。
 蘇生できるEmに制限はないため、《Emトラピーズ・マジシャン》蘇生すれば、あちらが破壊された際のリクルート効果を使用できる。

 自身も蘇生できるため、単体でも1ターンに1回限りのとして運用できる。
 どこから墓地へ送られた場合でも効果発動できるため、《おろかな埋葬》を擬似的に1000のライフコストを要するEm専用の蘇生カードとして扱うこともできる。
 墓地へ送られた自身を蘇生できることからこのカードのみ採用しても機能する。
 コスト効果に限らず手札から墓地へ送るデッキなど様々なデッキに投入できる汎用性の非常に高いカードである。
 ただし、1000ダメージは初期ライフの8分の1と重いため、便利だからといってあまり連発していると残りライフが少なくなる。
 そんな状況で不意のバーン貫通効果を食らうと敗北に繋がりかねない。

 Em以外では《H・C サウザンド・ブレード》と非常に相性が良く、効果ダメージトリガー蘇生できるためレベルモンスター2体を並べられる。
 《デーモン・イーター》などで相手ターン墓地へ送り、1体を自己再生すれば大量展開が望める。
 効果ダメージを受けた際に特殊召喚してライフ回復する《ガード・ペンギン》《DDD反骨王レオニダス》とのコンボも組める。
 効果ダメージを回避する手段の多い【DD】に1枚程度投入して、エクシーズ素材シンクロ素材に使っても良いだろう。

 変わったところでは《レプティレス・ヴァースキ》特殊召喚コストに利用でき、【レプティレス】でも採用できる。
 逆に言えば相手《レプティレス・ヴァースキ》リリースされるということでもあり、滅多に遭遇しないとは言え蘇生後にフィールドに残すのは確実に避けたい。
 それ以外にも《レプティレス・バイパー》によるコントロール奪取《レプティレス・ラミア》による除去ドロー等に利用されてしまう。

  • 「クラウン(Clown)」とは、主にサーカスで活躍する道化師の事である。
    涙のマークをつけているものはピエロ、宮廷で活躍するものはジェスターと呼ばれ、それぞれ区別される。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/04/25)


Tag: 《Emトリック・クラウン》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻1600 守1200 Em

広告