M・HERO(マスクドヒーロー) ダーク・ロウ/Masked HERO Dark Law》

融合・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2400/守1800
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外で
デッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで除外する。

 ストラクチャーデッキ−HERO's STRIKE−で登場した闇属性戦士族融合モンスター
 M・HEROの1体であり、相手墓地へ送られるカード除外する永続効果相手ドローフェイズ以外でデッキからカード手札加えた場合、ハンデスする誘発効果を持つ。

 (1)の効果相手限定の《閃光の追放者》と言える効果
 《閃光の追放者》の「自分も影響を受けて墓地が利用できない」という欠点がなくなった。
 現環境において墓地利用するデッキは非常に多く、自身の墓地を阻害せずに、相手墓地利用だけを阻害できるため、メタの範囲が非常に広い。
 また、墓地へ送るまたは墓地へ捨てることが手札コストである手札誘発型のモンスター発動を封じることも可能。
 そのため、それらに対し間接的な耐性を持っているとの見方も出来る。
 モンスター効果への対策として採用率の高い《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》で止められないため、このカードへの対処手段を絞りやすい。

 (2)の効果相手手札が加わった時に相手手札除外できるハンデス効果であり、サーチドローに対する大きな抑止力となる。
 《クリバンデット》のような墓地を肥やしつつ手札を補充するカードに関しては(1)の効果とも相まって天敵とも言える効果である。
 《暗黒界の取引》《手札抹殺》のような強制的にドローさせる手札交換と併用した場合は相手ディスアドバンテージを誘うこともできる。
 《魔宮の賄賂》の場合は実質デメリットなしとなる。
 しかし手札除外ランダムなので、相手キーカード手札に加えてもそれを確実に除外できるわけではない。
 性質上、相手手札が少なければ少ないほど、サーチドローした場合にキーカードハンデスがしやすい。
 仮にキーカードでなかったとしてもハンデスによって戦術を狂わせやすいため、発動タイミングの見極めが重要になるだろう。

 デッキ回転させる際に重要な墓地利用・ドローサーチの3つの要素を妨害するため、このカードを維持するだけで多くのデッキは身動きが取れなくなる。
 召喚条件となる《マスク・チェンジ》及びそれに類するカードが現状全て速攻魔法なので、相手メタ対象となる行動を起こした際にチェーン発動して特殊召喚できればなおよい。

 自身は《マスク・チェンジ》以外の効果では特殊召喚できないが、《E・HERO シャドー・ミスト》効果《マスク・チェンジ》サーチすることで、特殊召喚の準備を整えることができる。
 D−HEROは全員闇属性であり、《マスク・チェンジ》1枚でこのカード特殊召喚できる。
 《マスク・チェンジ・セカンド》特殊召喚する場合はHEROである必要はなく、【シャドール】等の闇属性モンスターを主軸とするデッキにも組み込める。
 ただし、自身が直接アドバンテージを得る効果ではない上、効果的に使えるかは相手に依存しやすいため、エクストラデッキが余りやすかったりコンボが行いやすかったりするデッキ以外での採用は慎重に考えたい。

  • 漫画版では、劇中で確認できる限りでは効果を持たないモンスターだった。
    イラストは全体的に左から右へ向けた書き方で正面を向いており、背景は黒だった。

関連カード

―《M・HERO ダーク・ロウ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/06/21)

Q:相手《強欲な瓶》チェーンして《マスク・チェンジ》発動しこのカード特殊召喚した場合、《強欲な瓶》でのドローに対して(2)の効果発動できますか?
A:はい、できます。(14/07/14)


Tag: 《M・HERO ダーク・ロウ》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星6 闇属性 戦士族 攻2400 守1800 HERO M・HERO 正規の方法以外での特殊召喚不可 融合召喚不可

広告