No.(ナンバーズ)16 (いろ)支配者(しはいしゃ)ショック・ルーラー/Number 16: Shock Master》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/天使族/攻2300/守1600
レベル4モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
次の相手ターン終了時まで、宣言した種類のカードをお互いに発動できない。

 ザ・ヴァリュアブル・ブック14 付属カードで登場した光属性天使族エクシーズモンスター
 3種のカードの種類から1つを指定し、その発動を一時的に制限する起動効果を持つ。

 発動に成功すれば大きな拘束力を持ち、相手の行動を抑制することができる。
 また、相手の行動を封じ込めることにより、実質的にこのカード自身宣言した種類のカードに対する耐性を得ているものとも認識できる。
 1度に複数種類を抑制できないため、相手に応じ何を指定することが最適かの判断が重要となるだろう。
 的確な指定さえできれば、相手を詰みに追い込めるだけの影響力を持っている。

 自分発動を封じられてしまう難点があるが、自分カード使用した直後に効果を使えばさほど苦にはならない。
 メインフェイズ1に発動する場合、バトルフェイズ中やメインフェイズ2の自分の行動も制限されるが、安全性を上げることができる。
 この点では、タイミングの融通が利くために《大寒波》等よりも扱いやすい側面も持ち、順序やタイミングの使い分けがものを言うだろう。
 【光天使】等のレベル4の大量展開から1ターンキルを狙うデッキとは特に相性が良い。
 それほどの展開力がなくとも、ランク4のエクシーズ召喚が可能なデッキであれば採用する価値は十分あるだろう。

 強力な拘束力を持つが、プレイそのものを封じるものではなく、あくまでカードの発動のみを封じる。
 よって魔法・罠カードの場合、新たにカードの発動はできないが、効果の発動セットは可能である。
 モンスターの場合、フィールド墓地手札等の発動場所を問わずモンスター効果の発動を封じるため、自己再生等の発動しての特殊召喚も封じることができる。
 逆に通常召喚宣言しての特殊召喚召喚ルール効果)、発動ではない永続効果ルール効果適用される。
 これらは完璧に封じられない弱点にもなるが、自分があらかじめこれらの回避可能なカードを多くデッキに採用することで逆利用も可能となる。

 また、相手モンスター効果を封じるだけでなく、自分《電動刃虫》等のデメリット効果発動を封じ、疑似《スキルドレイン》にすることも可能。
 特に、融合召喚時に強烈なデメリット効果を持つ《キメラテック・オーバー・ドラゴン》との相性がいい
 あくまで効果の発動を封じるだけなので爆発的な攻撃力をそのままにフィールド上のカードを維持できる。

 自身のステータス素材3体を要求するランク4としては低く、クラスのモンスターにも戦闘破壊されてしまう。
 モンスター召喚自体は封じられないこともあり、エクシーズ召喚するタイミングはよく見極めたい。

  • イラストでは、胴体の右側に自身のナンバーである「16」が書かれている。
  • カード名の「ショック」とはそのまま「色(しょく)」の間に促音を入れたものと思われる。
    また、このカードの効果カードフレームの色を意識したような効果で、そのカードのフレームの色(種類)を支配し、その発動を封じる効果として捉える事ができる。
    登場時点では、OCG内において最も長いカード名だった。
  • 機械族のような姿をしているが、天使族である。
    鳥の頭部を思わせるような顔先には不気味な仮面がついており、とてもではないが天使には見えない。
    とはいえアルカナフォースなどの前例もあり、天使族では今に始まった話ではない。
  • 封入された袋とじでは「無慈悲な法の番人」と称されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:モンスター宣言した場合、どのような処理になりますか?
A:モンスター効果の発動が行えなくなります。
  モンスター通常召喚反転召喚特殊召喚は通常通り行えます。(11/08/19)

Q:モンスター宣言した場合、フィールド以外で発動するモンスター効果発動できなくなりますか?
A:はい、発動できなくなります。(11/08/19)

Q:モンスター宣言した場合、このカード効果を受けるのはプレイヤー自身ですか?それともモンスターですか?
A:モンスター効果を受けます。(12/04/26)

Q:モンスター宣言した場合、《D.D.クロウ》《オネスト》等の効果発動できなくなりますか?
A:はい、発動できなくなります。(11/09/02)

Q:モンスター宣言した場合《スターダスト・ドラゴン》《ならず者傭兵部隊》効果発動できなくなりますか?
A:はい、発動できなくなります。(11/09/02)

Q:モンスター宣言した場合、六武衆の身代わり効果使用できなくなりますか?
A:いいえ、身代わり効果永続効果のため、使用できます。(12/10/29)

Q:魔法・罠カード宣言した場合、既に表側表示で存在する永続魔法永続罠等の効果の発動は行えますか?
A:はい、行えます。(11/08/19)

Q:このカードの効果発動後にこのカードフィールド上に表側表示で存在しなくなっても、相手ターン終了時までその効果適用され続けますか?
A:はい、適用され続けます。(11/08/19)

Q:このカード発動できない効果が既に適用されている状態の時にこのカード効果《スキルドレイン》無効になった場合でも、発動できない効果適用されたままですか?
A:はい、適用されたままです。(12/05/16)

Q:このカードモンスター効果の発動チェーンして相手が、このカードに対して《エフェクト・ヴェーラー》発動しました。
  このターン、このカードの効果無効にされますが、次の相手ターン相手はこのカード効果宣言したカード発動することはできますか?
A:このカード効果発動したターンの時点でその効果無効となっている為、相手は次の相手ターンにこのカード効果宣言したカード発動することができます。(12/04/22)

Q:モンスター宣言した場合、《毒蛇神ヴェノミナーガ》ハイパーヴェノムカウンターを置く事ができますか?
A:「モンスター」と宣言された場合であっても、《毒蛇神ヴェノミナーガ》は自身にハイパーヴェノムカウンターを置く効果発動する事ができ、ハイパーヴェノムカウンターが置かれます。(12/04/09)

Q:このカードモンスター宣言した後に、《毒蛇神ヴェノミナーガ》フィールド上に特殊召喚した場合でも同様ですか?
A:その場合でも、ハイパーヴェノムカウンターを置く効果発動する事ができます。(12/04/26)

Q:このカード効果発動《光と闇の竜》無効にされました。
  同じターン中にもう1度このカード効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/11/26)

広告