PSY(サイ)フレーム・マルチスレッダー/PSY-Frame Multi-Threader》

効果モンスター
星6/光属性/サイキック族/攻   0/守2500
「PSYフレーム・マルチスレッダー」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは手札・墓地に存在する限り、「PSYフレーム・ドライバー」として扱う。
(2):自分フィールドの「PSYフレーム」カードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに手札のこのカードを捨てる事ができる。
(3):このカードが墓地に存在し、
自分フィールドに「PSYフレーム」チューナーが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した光属性サイキック族上級モンスター
 手札墓地《PSYフレーム・ドライバー》となるルール効果自分フィールドPSYフレーム破壊される場合に身代わりになるルール効果PSYフレームチューナー特殊召喚された場合に自己再生する誘発効果を持つ。

 (1)は手札墓地《PSYフレーム・ドライバー》となる効果
 これにより、各種PSYフレームチューナー効果特殊召喚できるが、デッキではカード名が変わらないのでリクルートには対応しない。
 また、このカードは(2)・(3)の効果の性質上、手札墓地に置いたままにした方が都合がよく、基本的には《PSYフレーム・ドライバー》を優先していいだろう。

 (2)は自分フィールドPSYフレーム破壊される場合に手札から捨てる事でその身代わりになる効果
 《幽鬼うさぎ》が天敵であった、《PSYフレームロード・Ω》破壊から守ることができるのは非常に心強い。
 《PSYフレーム・サーキット》のような【PSYフレーム】キーカードを守りつつ、(3)の効果の布石を作る事もできる。

 (3)はPSYフレームチューナー特殊召喚に合わせて自己再生する効果
 PSYフレームチューナーはその性質上ほとんどの場合で《PSYフレーム・ドライバー》と一緒に特殊召喚されるので、シンクロ素材としたいだけならこの効果の出番はあまりない。
 自分ターンであれば《PSYフレーム・ドライバー》と共にエクシーズ召喚につなげられるため、そちらの用途であれば扱うことができる。
 しかしPSYフレームチューナー自分フィールドモンスターが存在していると効果発動できないため、相性はさほど良くない。
 このため、基本的にこの効果《緊急テレポート》等、PSYフレームチューナー効果以外でPSYフレームチューナー特殊召喚した際に使う事になる。
 無論このカード特殊召喚《PSYフレーム・サーキット》トリガーになるので、そのままシンクロ素材にすればいい。
 自己再生した後は除外されるので、《PSYフレームロード・Ω》等で繰り返し使えるようにするのもいい。
 なお、ダメージステップには発動できないので注意。

  • 「マルチスレッド(Multi-Thread)」とは、コンピューターでプログラムを実行する際に、複数の処理を並行して行う事を指す。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《PSYフレーム・マルチスレッダー》 モンスター 効果モンスター 星6 光属性 サイキック族 攻0 守2500 PSYフレーム

広告