Sin(シン) Tune(チューン)

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示の「Sin」モンスターが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の「Sin」モンスターが戦闘以外で破壊された場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「Sin」モンスター1体を手札に加える。

 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONで登場した通常罠
 自分Sinモンスター戦闘または相手効果による破壊トリガーに2枚ドローする効果自分Sinモンスター戦闘以外の破壊トリガーSinモンスターサーチする効果を持つ。

 自分Sinモンスター破壊トリガーとして手札を補充する2つの効果を持つ。

 (1)は戦闘または相手効果に対応した2枚ドロー
 破壊されたSinとこのカードの消費を合わせると、通常では2:2交換に留まる。
 Sinは高攻撃力が多いので、下級モンスター自爆特攻しない限りは相手効果破壊トリガーになりやすい。
 自分効果破壊ではダメなので、Sinで最も生じやすい破壊である自身のデメリットによる自壊トリガーにならない。
 相手デッキによってはこちらのSinモンスターを直接破壊してくれない可能性もあるので、その様な状況では腐ってしまう。
 そうなってしまった場合は多少のダメージを覚悟して、下級モンスターによる自爆特攻で能動的に使うのも手。

 (2)は戦闘以外に対応したSinモンスターサーチ
 こちらはSin特有のデメリットによる自壊トリガーにできる。
 フィールド魔法フィールドではなく手札にある状態で、Sinモンスターを出して自壊させ、この効果《Sin パラドクスギア》サーチするという使い方もできる。
 《Sin パラドクスギア》リクルートもしやすいので、後続の戦力確保を意識して手札1枚で動けるSinサーチするのも良い。
 フィールド魔法手札にないとしても、高レベルSin手札にあるならば《Sin パラレルギア》サーチ召喚、汎用シンクロモンスターに繋げることで戦線維持可能。
 もっとも、破壊されたSinとこのカード《Sin Selector》除外してSinカード2枚をサーチした方が効率的ではある。
 こちらの効果は使えたら使うくらいに捉えておき、無理に墓地へ送って狙うとまでは考えないでいいのかもしれない。

  • 作中では(2)の効果は無く、(1)の効果効果破壊に対応していなかったため、OCG化に際し強化されている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《Sin Tune》 通常罠 Sin

広告