Sin(シン) レインボー・ドラゴン/Malefic Rainbow Dragon》

特殊召喚・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守   0
このカードは通常召喚できない。
手札・デッキから「究極宝玉神 レインボー・ドラゴン」1体を除外した場合のみ特殊召喚できる。
(1):「Sin」モンスターはフィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、他の自分のモンスターは攻撃宣言できない。
(3):フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合にこのカードは破壊される。

 遊戯王〜超融合!時空を越えた絆〜 MOVIE PACKで登場した闇属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 Sin共通の3種のデメリット効果と、手札デッキ《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》除外する事で特殊召喚できる召喚条件を持つ。

 《Sin 青眼の白龍》《Sin 真紅眼の黒竜》と違い、召喚条件モンスター手札からも除外できるので事故率がやや軽減している。
 しかし、同攻撃力《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》であれば召喚条件《サイバー・エンド・ドラゴン》エクストラデッキに入るため、最初から手札に来る心配がない。
 エクストラデッキを圧迫しないのは利点ではあるが、手札事故のことを考えると《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》の方が優先され、あちらの4枚目以降となりやすい。

 それでも攻撃力4000は脅威であり、レベルの高さから《神縛りの塚》にも対応しているので【Sin】でも戦闘要員としては優先させやすい。
 《ドラゴン・目覚めの旋律》を始めとするドラゴン族サポートや《悪夢再び》に対応している点は《Sin サイバー・エンド・ドラゴン》に勝る利点。
 《ドラゴン・目覚めの旋律》《Sin 青眼の白龍》と、《悪夢再び》Sin通常召喚モンスターと共有できるので、【Sin】でも無理なく採用できる。
 一方で、シンクロ素材としてはレベルの高さが邪魔になるため、シンクロ召喚を中心とした構築では優先度が落ちる。

 【レインボー・ネオス】【宝玉獣】等で究極宝玉神《ドラゴン・目覚めの旋律》を複数枚投入する場合には、このカードも1枚程度採用しておくことは考えられる。
 上記のデッキでは《神縛りの塚》《虹の古代都市−レインボー・ルイン》といったフィールド魔法を自然と採用できるため、このカード召喚条件も比較的作りやすい。

関連カード

―《Sin レインボー・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

―共通効果に関してはSinを参照。

Q:このカードが正規召喚した後に墓地へ送られた場合、《死者蘇生》等によって蘇生することはできますか?
A:いいえ、できません。(12/07/20)


Tag: 《Sin レインボー・ドラゴン》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星10 闇属性 ドラゴン族 攻4000 守0 Sin 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告