Walkuren(ワルキューレン) Ritt(リット)/Ride of the Valkyries》

通常魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から「ワルキューレ」モンスターを任意の数だけ特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で3体以上のモンスターを特殊召喚した場合、
次のターンの終了時まで自分が受ける戦闘ダメージは0になる。
このカードを発動したターンのエンドフェイズに、自分フィールドのモンスターは全て持ち主のデッキに戻る。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「時の女神の悪戯」1枚を手札に加える。

 EXTRA PACK 2019で登場した通常魔法
 カード名の異なるワルキューレエンドフェイズバウンスされるデメリット付きで手札から任意の数特殊召喚し、3体以上特殊召喚した場合は次のターンの終了時まで自分が受ける戦闘ダメージを0にする効果、自身を墓地から除外《時の女神の悪戯》サーチする効果を持つ。

 (1)で手札からワルキューレを展開しつつ、(2)で自身を墓地から除外することで《時の女神の悪戯》サーチできる。
 そして直後のバトルフェイズ《時の女神の悪戯》発動すれば、展開したワルキューレに実質2回攻撃を行わせる事ができる。
 さらに、「このターンエンドフェイズ」がスキップされるため、デメリットである(1)の効果によるバウンスを回避する事ができる。

 (1)には自分が受ける戦闘ダメージを0にする効果もあるが、3体以上特殊召喚した場合と条件が重い。
 その上、《時の女神の悪戯》発動すると、「次のターン」がすぐに来てしまい、相手ターンを待たずに効果が終了してしまう。
 展開したモンスターが全て除去された場合の防御手段になる程度なので、基本的には無視していいだろう。
 コンバットトリックなどで攻撃力を上回られた時の戦闘ダメージを回避することができ、《灰流うらら》などで《時の女神の悪戯》サーチに失敗した際にもデメリットフィールドが空くので返しのターンへの保険にもなる。

  • 「Walkuren Ritt」とはリヒャルト・ワーグナーの曲『ワルキューレの騎行』のことであり、元のドイツ語では「Walküren Ritt」となる。
    英語名の「Ride of the Valkyries」はその英訳のタイトルである。
  • 歌劇『ニーベルングの指輪』の劇中歌であり、この曲が使用されるのは騎乗したワルキューレたちが楽しげに草原を駆けるという穏やかなシーンである。
    しかし、フランシス・F・コッポラによる戦争映画『地獄の黙示録』の戦闘シーンに使用されたことが非常に有名であり、原典の印象に反した物々しい、剣呑なイメージの曲として今日では周知されている。
  • 発動時には上記の『ワルキューレの騎行』が流れるという演出がされていた。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《Walkuren Ritt》 魔法 通常魔法 ワルキューレ

広告