(エックス)−セイバー エアベルン/X-Saber Airbellum》

チューナー・効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻1600/守 200
(1):このカードが直接攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた場合に発動する。
相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる。

 DUEL TERMINAL −シンクロ覚醒!!−で登場した地属性獣族下級モンスターチューナー
 直接攻撃ダメージを与える事で発動する、手札破壊誘発効果を持つ。

 レベルチューナーの中で攻撃力が高く、手札破壊効果も兼ね備える。
 直接攻撃時限定とはいえ、この攻撃力手札破壊効果を持っているのは珍しく、1回攻撃を通すだけでもアドバンテージとなる。
 コンボを考えず単純に【ビースト】【バブーン】【チューナー】辺りに放り込んでも十分な活躍が見込めるだろう。
 攻撃力も1600とリクルータークラスを打ち負かせるため、露払い程度の戦闘にも使える。
 《エアーズロック・サンライズ》にも対応するため、【獣族】全般では活躍が期待できる。
 【X−セイバー】ではチューナーである事から《ガトムズの緊急指令》とは非常に相性が良く、一気にシンクロ召喚に持って行く事ができる。
 また、シンクロ召喚しなくとも、ハンデス効果持ちのモンスターを一度に2体特殊召喚でき、2枚のハンデスも狙える。
 レベル2のチューナー《X−セイバー パシウル》や、同じレベル3のチューナー《XX−セイバー フラムナイト》と状況によって使い分けたい。

 地属性なので、ナチュルシンクロモンスターシンクロ召喚にも一役買っている。
 上記の【X−セイバー】【ビースト】地属性モンスター中心なので、自然に組み込みやすいのもありがたい。

  • 初期のX−セイバーの名前から考えると、名前の由来はアーサー王伝説に登場する「ベイラン(Balan)」だろうか。
    最初の円卓の筆頭騎士であったが、不幸にも兄である「ベイリン」と相打ちになってしまう。
  • 英語名の「Bellum」はラテン語で「戦い」や「戦争」を意味する。
    戦闘でその効果を存分に発揮するこのカードにはふさわしいと言える。
  • 猫背気味のスタイルに爪型の武器という姿は、マーベル・コミック(二大アメコミ出版社のひとつ)のヒーロー「ウルヴァリン」に似ており、このことはよくネタにされている。
    ウルヴァリンはアメコミヒーローの中でもトップクラスの知名度と人気を誇るキャラで、様々な作品に登場しているが、最も有名なのはやはり「X-MEN」だろうか。

関連カード

戦闘ダメージを与えた時に手札破壊を行うカード《白い泥棒》を参照

―《X−セイバー エアベルン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《X−セイバー エアベルン》 チューナーモンスター モンスター 効果モンスター 星3 地属性 獣族 攻1600 守200 セイバー X−セイバー

広告