《お注射天使(ちゅうしゃてんし)リリー/Injection Fairy Lily》

効果モンスター
星3/地属性/魔法使い族/攻 400/守1500
(1):このカードが戦闘を行うそのダメージ計算時に1度、
2000LPを払って発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ3000アップする。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した地属性魔法使い族下級モンスター
 ダメージ計算時ライフポイントを2000支払うことで大幅に自己強化される誘発即時効果を持つ。

 下級モンスターでありながら、ライフコストさえ支払えば攻撃力3400のアタッカーに化ける。
 レベル8以下ならばほとんどのモンスターを一方的に戦闘破壊でき、直接攻撃ならば初期ライフの実に半分近くを奪える。
 特に高攻撃力メタ効果を併せ持つモンスターの突破に有効で、特殊召喚を制限する《大天使クリスティア》《エルシャドール・ミドラーシュ》魔法・罠カードを封じる《ナチュル・エクストリオ》等を、下級モンスター通常召喚から一方的に倒せるのは心強い。
 相手から攻撃された場合でも発動できるので、ライフポイントさえ維持できれば返しのターンでも倒されにくい。

 魔法使い族ゆえにサポートカードも豊富で、特に魔導書に対応する点は大きく、《トーラの魔導書》で安全に攻撃を通すことができる。
 低レベルかつ低ステータスな点も有効に働き、《デブリ・ドラゴン》《クレーンクレーン》《マジカル・コンダクター》などから特殊召喚できる。
 それらを《地獄の暴走召喚》トリガーとすることで一瞬でゲームエンドに持ち込むことも難しくない。
 《平和の使者》等の影響下でも攻撃に参加でき、《落とし穴》《奈落の落とし穴》除去されないため小回りが利く。
 《憑依解放》にも対応しており、打点が不足しがちな【霊使い】挿しておくと意外な活躍が見込める。
 逆にステータスの低さが仇となる《光の護封壁》適用下では攻撃できず、《連鎖除外》天敵となる。

 《進化する人類》とも相性が良く、ライフコストの高さからも自分ライフポイント相手を下回ることが少なくない。
 逆に自分ライフポイント相手を上回っている場合でも目立ったデメリットもなく、結果的に最大5400ポイントものダメージを与えられる。

 また、ライフ回復を多用する【キュアバーン】では効果発動機会が大幅に増え、アタッカーとしてより活躍しやすくなる。
 変わった所では《DNA改造手術》サイキック族を指定し、《念動増幅装置》を装備すればライフコスト無しで何度も効果を使用できる。

 難点として《神の宣告》《神の警告》等のライフコストを要するカードとの併用が難しく、デッキによっては防御力が低下しやすい。
 攻撃力1400以上のモンスター戦闘する場合に発動しても、与える戦闘ダメージより自分ライフロスの方が大きい事を忘れてはならない。
 攻撃力アップが一度の戦闘中しか持続しないので、リクルーターとの戦闘では双方のライフを2000ずつ削る事になり、最終的に1000ダメージと共に戦闘破壊されてしまう。
 また《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》は天敵であり、効果発動を封じられて戦闘破壊され4600ものダメージを受けてしまう。
 既に1度効果を使っているとすれば合計6600のライフロスとなり、致命傷になりかねない。

  • 注射器の中の液体には気泡が見られるが、現実にこのような液体を注射するのは危険極まりない。
    過量に気体を血管に注射すると、肺塞栓を引き起こし最悪の場合死に至るためである。
    このモンスターの異常な攻撃力もこれが由来だろうか?
  • 海外版では、イラストの赤十字がハートマークに修正されている。
    本来、赤十字とはジュネーヴ条約により衛生兵のみが使用を許された標章であり、通常は医療機関であっても赤十字を使用する事はできない。
    日本の医療機関等で赤十字が使用されているのは、日本赤十字社より許可が下りているが故の特殊例である。
    また、正確な時期は不明だが、日本語版でもBEGINNER'S EDITION 2収録の物はある時期を境に海外版と同じ絵柄に変更されている。
    GOLD SERIES 2011版も、同じく海外版のイラストとなっている。
  • 攻撃宣言を受けたリリーは、「お注射よ!」の台詞と共に巨大な注射器を刺してモンスターを葬り去る。
    ライフ払う事で注射器が大きくなったり、中に液体が注がれたりする仕組みになっている。
  • アニメでは初登場時から、OCGに先駆けてハートマークのデザインに修正されていた。
  • アニメGXでは、第85話で一般生徒が使用している。
  • アニメZEXALでは、第1話で一般生徒が使用している姿が確認できる。
  • アニメARC-V第1話で「リリーのデュエルスクール」という広告に彼女の姿が描かれている。
  • DM78では通常モンスターであり、「怒らせると際限なく注射針を発射する、ちょっと困った天使」というテキストを有していた。
    もっとも、OCGでは怒らせればお互いちょっと困る所では済まないのだが。
  • イラストでの髪の色はピンクなのだが、何故かゲーム作品のCGでは初登場以来、ずっと茶色である。

関連カード

―《お注射天使リリー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《死霊騎士デスカリバー・ナイト》との戦闘効果発動した場合、どうなりますか?
A:生け贄破壊で互いにフィールド離れる為、両プレイヤーとも戦闘ダメージを受ける事無く、戦闘が終了します。
  当然、効果発動時に払ったライフは戻りません。(09/08/05)

Q:このカードの効果発動した攻撃《魔法の筒》発動された場合、3400ダメージを受けますか?
A:《魔法の筒》発動タイミングではまだダメージ計算時に入っていない為、このカード効果発動できません。
  よって、発動された場合は、400ポイントダメージを受けてライフ支払う前に攻撃無効になります。

Q:このカードの効果発動タイミングは、《クリボー》と同一ですか?
A:はい、そうです。両方の効果が使われる場合、チェーンする形でチェーンブロックを発生させ処理を行います。(09/08/05)

Q:《閃光の双剣−トライス》を装備して攻撃効果を使用した場合、攻撃力は幾つになりますか?
A:2900です。ステータスが変化した場合は、改めて計算を行い直します。


Tag: 《お注射天使リリー》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 魔法使い族 攻400 守1500

広告