《アサルト・アーマー/Assault Armor》

装備魔法
自分フィールドのモンスターが戦士族モンスター1体のみの場合、そのモンスターに装備できる。
(1):装備モンスターの攻撃力は300アップする。
(2):装備されているこのカードを墓地へ送って発動できる。
このターン、このカードを装備していたモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 アカデミーデュエルディスク オシリスレッドバージョンで登場した装備魔法
 戦士族専用であり、装備モンスター攻撃力強化させる効果と、装備中に墓地へ送る事でそのターンの間装備モンスター2回攻撃が可能になる効果を持つ。

 (1)の効果は上昇値が低く、発動条件に見合っていないため、(2)の2回攻撃効果に焦点を当てて行く事となる。
 なお、装備した後ならば問題なく他のモンスターを展開できる。

 コスト装備を解除するので1ターンだけの使い切りとなる。
 そのため《オネスト》等とのコンボで大ダメージを狙ったり、《首領・ザルーグ》等の戦闘ダメージトリガーとする効果を持つモンスター装備するのが基本となる。

 戦士族を中心とする【ヒロイック】発動機会が多く、戦闘ダメージを稼ぐことに長けているデッキなので相性が良い。
 下級モンスターでは《H・C 強襲のハルベルト》がこのカード発動条件と自身の召喚条件が近く、貫通サーチ効果により大きくアドバンテージを稼げる。
 エクシーズモンスターには攻撃力4000となる《H−C エクスカリバー》がおり、直接攻撃可能ならばそのままで、相手の場にモンスターがいても《ヒロイック・チャンス》とのコンボ1ターンキルが可能になる。

 【希望皇ホープ】でも《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》《CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー》とは相性が良く、相手フィールド次第では8000以上の戦闘ダメージが期待できる。

 HERO装備する場合、より高い強化値を得やすく耐性も付与できる《フェイバリット・ヒーロー》が競合相手となる。
 戦闘破壊でのバーンを狙う《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》《E−HERO インフェルノ・ウィング》を使用する場合は、1度目の戦闘時までは強化が続くあちらの方が使いやすい。
 一方、こちらは下級モンスターにも装備できる点や相手フィールドモンスターが存在しない場合にも2回攻撃できる点で差別化できる。
 また、《レインボー・ネオス》HEROの名を持たないのであちらは装備できず、相手モンスター全体除去した後でも2回攻撃1ターンキルが可能になるのでこちらと相性が良い。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分バトルフェイズ中にこのカード墓地へ送れますか?
  それとも、墓地へ送れるのはメインフェイズのみですか?
A:墓地へ送れるのは自分メインフェイズのみです。(07/11/25)

Q:《ギルフォード・ザ・レジェンド》効果でこのカード装備することはできますか?
A:自分フィールドモンスター《ギルフォード・ザ・レジェンド》戦士族モンスター1体)のみの場合は装備可能です。
  他にモンスターが存在する場合、装備条件を満たせないために装備できません。

Q:このカード装備している時に、《DNA改造手術》効果戦士族以外の種族になった場合、このカード破壊されますか?
A:いいえ、その場合でも破壊されず装備されたままになります。(11/06/25)

Q:このカードの発動に対し、相手《おジャマトリオ》チェーンしてきた場合、どうなりますか?
A:自分フィールドモンスター戦士族1体ではなくなったため、このカード装備できずに破壊されます。(12/04/01)


Tag: 《アサルト・アーマー》 魔法 装備魔法

広告