《アビスフィアー/Abyss-sphere》

永続罠
デッキから「水精鱗」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
自分は魔法カードを発動できない。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
このカードは発動後、次の相手のエンドフェイズ時に破壊される。

 ABYSS RISINGで登場した永続罠
 水精鱗リクルートする効果自分魔法カード発動を封じる効果自壊するテキストを持つ。

 効果無効になるものの、レベル攻撃に制限なしでリクルートできるので、アタッカーエクシーズ素材として活用しやすい。
 最大攻撃力《水精鱗−リードアビス》の2700であり、ダメージの底上げも可能。
 相手エンドフェイズ自壊するデメリットがあるが、《水精鱗−アビスリンデ》ならば破壊されても任意の水精鱗特殊召喚できるため、このデメリットはあまり気にせずに運用できる。

 また、もう一つのデメリットとして、このカードフィールドに存在する限り、魔法カード発動を封じる効果がある。
 相手エンドフェイズ自壊して解除されるか、自分から除去するかしない限り、魔法カードによるサポートができなくなる。
 前述のデメリットも含めると、基本的には相手ターン発動して《水精鱗−アビスリンデ》を呼び出すのが基本となる。
 《水精鱗−アビスリンデ》効果エンドフェイズ《水精鱗−アビスパイク》等のモンスターを呼び出し、手札《海皇の狙撃兵》を捨てる事で疑似的なエンドサイクが可能となる他、罠カード発動される事なく《水精鱗−アビスグンデ》効果による展開を行う事ができる。

 《水精鱗−メガロアビス》サーチする機会も多いが、この場合はエンドサイク《ナイト・ショット》で撃ち抜かれやすい。
 《アビスコーン》はこれらの魔法・罠除去破壊されると相手に損害を与えられるので、《アビスフィアー》をサーチしつつ《アビスコーン》を伏せたり、あるいはその逆を行う事で相手を撹乱したい。

  • 自壊するタイミングについて。
  • その性能が評価されたのか、海外版ではなんとウルトラレアにまで格上げされている。
  • イラストには水の球体が描かれており、英語名から「アビス」と球体を意味する「スフィア(Sphere)」を組み合わせた語であることが分かる。
    恐怖を表す「フィアー(Fear)」も掛かっているのかもしれない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自壊する効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/07/28)

Q:フィールド上に《宮廷のしきたり》が存在する場合自壊しますか?
A:しません。(12/07/25)

Q:フィールド上に《王宮のお触れ》が存在する場合自壊しますか?
A:はい、破壊する処理はカードの効果として扱わずその場合でも自壊します。(12/11/15)

Q:このカード相手ターン発動した場合自壊するのはタイミングはいつになりますか?
A:その場合、発動したターンエンドフェイズ時に破壊されます。また、相手ターンエンドフェイズ時に発動した場合は、次の相手ターンエンドフェイズ時に破壊されます。(12/08/02)

Q:「このカード特殊召喚したモンスター」は効果無効になっていますが、何らかの効果によりこのカードフィールドを離れた後もフィールドに「このカード特殊召喚したモンスター」が残っていた場合効果無効化は解除されますか?
A:はい、効果無効ではなく有効になります。(13/10/30)


Tag: 《アビスフィアー》 永続罠 アビス

広告