《イビリチュア・ジールギガス/Gishki Zielgigas》

儀式・効果モンスター
星10/水属性/水族/攻3200/守   0
「リチュア」と名のついた儀式魔法カードにより降臨。
1ターンに1度、1000ライフポイントを払って発動できる。
デッキからカードを1枚ドローし、お互いに確認する。
確認したカードが「リチュア」と名のついたモンスターだった場合、
フィールド上のカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。

 DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−で登場した水属性水族儀式モンスター
 ライフコストを払ってドローを行い、それがリチュアモンスターだった場合はフィールド上のカードデッキバウンスする起動効果を持つ。

 儀式召喚ディスアドバンテージを容易に回復できる効果と、高い攻撃力を併せ持つ優秀な大型モンスター
 維持できれば毎ターン1〜2枚のアドバンテージが約束されており、デッキ回転速度を大幅に高めることができる。
 攻撃力も3200と、かなりの最上級モンスターをも戦闘破壊できる。
 バウンス効果ランダム性が高いが、《リチュア・アバンス》などでデッキトップを操作すれば確実に発動することができる。
 しかし、このカードデッキトップ操作カードフィールドに揃えるのは容易ではないので、単にアドバンテージ回復する効果と考え、無理に確実なバウンスを狙う必要はない。
 弱点としては、デザインモチーフであるインヴェルズの面影を残した低守備力と、決して軽くないライフコストが挙げられる。

 レベル10と儀式モンスターの中でも非常に高いレベルだが、《ヴィジョン・リチュア》《シャドウ・リチュア》リリース軽減効果を用いれば容易に儀式召喚できる。
 また、同名カードリリースして即座に《リチュアの儀水鏡》でのサルベージに繋ぐ【リチュア】定番の戦法も可能なので、かなり扱いやすい主力として活躍できる。
 基本的に【リチュア】では儀式モンスターレベルを揃えたいが、上記のように《シャドウ・リチュア》などでさほど不自由なく賄えるので、他のレベルを軸とする場合に切り札として投入するのも悪くはない。
 加えて、レベル6軸の場合は《リチュア・ビースト》、8軸の場合は《リチュア・アビス》【リチュア】の主力級モンスター儀式モンスターの組み合わせも使える。

  • 「ギガス、ギガース(Gigas)」とは、ギリシャ神話に登場する巨人の一族である。
    神話の中では複数形でギガンテスと呼ばれることが多い。
    上半身は屈強な男性の姿だが両足は大蛇になっており、比類なき武勇で知られた。
    後に母ガイアの求めに応じてゼウスらに対し「ギガントマキア」と呼ばれる反乱を起こし、ヘラクレスらによって滅ぼされた。
  • 「ジール(Ziel)」はオランダ語で魂を意味する。

関連カード

―《イビリチュア・ジールギガス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果対象を取りますか?
A:いいえ、取りません。(12/01/25)

Q:この効果ドローしたカードが「リチュア」と名のつくモンスターカードだった場合、デッキに戻す処理は必ず行わなければなりませんか?
A:はい、行わなければなりません。(12/01/28)

Q:相手がこのカードの効果ドローしてそのカードお互い確認した後、自分《強烈なはたき落とし》発動できますか?
A:ドローしたカードが「リチュア」と名のついたモンスターでなかった場合は、効果処理後に発動できます。
  「リチュア」と名のついたモンスターであった場合は、その後の効果処理によってタイミングを逃し発動できません。(12/01/30)

Q:このカードの効果発動チェーンして《儀水鏡の瞑想術》発動しました。
  このカードの効果処理で「リチュア」と名のつくモンスターカードドローした場合、《儀水鏡の瞑想術》を選択してデッキ戻すことができますか?
A:いいえ、発動した《儀水鏡の瞑想術》墓地へ送られることが決定しているため、選択することはできません。(12/01/28)

Q:《G・B・ハンター》表側表示の時、効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/03/20)


Tag: 《イビリチュア・ジールギガス》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター 星10 水属性 水族 攻3200 守0 リチュア

広告