《エーリアン・ブレイン/Alien Brain》

通常罠
自分フィールド上に存在する爬虫類族モンスターが
相手モンスターの攻撃によって破壊され墓地に送られた時に発動する事ができる。
その時に攻撃を行った相手モンスターのコントロールを得て、
そのモンスターを爬虫類族として扱う。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した通常罠
 爬虫類族相手攻撃破壊された時に、そのモンスターコントロール奪取爬虫類族にする効果を持つ。

 「相手モンスター攻撃」という相手依存の発動条件だが、攻撃モンスターレベルなどに関わらず永続的にコントロール奪取できる。
 カード名にも含まれているエーリアンに限らず、あらゆる爬虫類族に対応しているので、【ヴェノム】【ワーム】にも採用可能である。
 また攻撃を受ける爬虫類族裏側守備表示のものでも構わないので奇襲性も高く、《毒蛇の供物》よりも存在を読まれにくい。

 さらにコントロール奪取した相手モンスター種族爬虫類族になるという効果もあり、爬虫類族サポートを適用できる。
 《毒蛇の供物》などの様々な爬虫類族関連のカードに対応するようになるほか、《一族の結束》を使うデッキではその強化適用できる。
 コントロール奪取したモンスター爬虫類族になるだけで、攻撃できない、効果無効化されるなどのデメリットも課せられない。

 しかし、発動タイミングが限られているので一方的に除去されやすく、また攻撃前に効果爬虫類族の方を除去される可能性も高い。
 また、相手が大量のモンスターを展開している場合など、比較的弱いモンスター戦闘破壊されてしまうとあまり有効でなくなってしまう。
 《強制脱出装置》などをはじめとする、単体で役立つ他のフリーチェーン魔法・罠カードより優先できるかはよく考えて採用したい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:裏側守備表示爬虫類族攻撃を受け、戦闘破壊された時にも発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/11/14)

Q:フィールド上で爬虫類族になっている元々の種族爬虫類族ではないモンスター戦闘破壊された時に発動できますか?
A:いいえ、フィールドでも墓地でも爬虫類族でなければ発動できません。(09/11/14)

Q:元々の種族爬虫類族相手モンスター戦闘破壊された場合でも、このカード発動することはできますか?
A:はい、種族を変更する効果適用されないだけで、発動コントロールを得ることができます。(09/12/23)

Q:攻撃した相手モンスター1体を対象にとる効果ですか?
A:いいえ、対象をとらない効果です。(09/11/14)

Q:《洗脳解除》などでコントロール相手に戻った場合、選択したモンスター種族爬虫類族として扱いますか?
A:はい、爬虫類族として扱います。(10/07/07)

Q:《エーリアン・ウォリアー》《オシャレオン》等の効果チェーンして発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/11/14)

Q:自分フィールド上に他の爬虫類族《群雄割拠》が存在する時、爬虫類族でない相手モンスター奪取できますか?
A:コントロール奪取種族の変更は同時に処理されます。
  よってコントロール奪取は可能で、そのモンスター《群雄割拠》効果を受けることもありません。(09/11/14)

Q:コントロール奪取したモンスター種族爬虫類族として扱っている間、元々の種族としては扱わなくなりますか?
A:「種族爬虫類族に変更する」という形になるため、元々の種族としては扱われません。(09/11/14)

Q:《マジカルシルクハット》モンスター状態になっているこのカード《惑星汚染ウイルス》リリース使用できますか?
A:はい、可能です。(09/11/14)


Tag: 《エーリアン・ブレイン》 通常罠 エーリアン

広告