《エンプレス・オブ・エンディミオン》

ペンデュラム・効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻1850/守2700
【Pスケール:青2/赤2】
(1):自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く。
(2):このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
手札の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、
その2体に魔力カウンターを1つずつ置く。
【モンスター効果】
自分は「エンプレス・オブ・エンディミオン」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分フィールドの他の魔力カウンターが置かれているカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その自分及び相手のカードを持ち主の手札に戻す。
その後、自分フィールドから手札に戻したカードに置かれていた数だけ魔力カウンターをこのカードに置く。
(2):魔力カウンターが置かれたこのカードが戦闘で破壊された時に発動できる。
デッキから「エンディミオン」カード1枚を手札に加える。

 ストラクチャーデッキR−ロード・オブ・マジシャン−で登場した光属性魔法使い族最上級ペンデュラムモンスター
 魔力カウンターに関連した以下の4つの効果を持つ。

  1. 魔法カード発動する度に自身に魔力カウンター置くペンデュラム効果
  2. 魔力カウンターを3つ取り除いて手札モンスターと自身をペンデュラムゾーンから特殊召喚し、その2体に魔力カウンター置くペンデュラム効果
  3. 特殊召喚に成功した場合にお互いカードバウンスし、自身に魔力カウンター置く誘発効果
  4. 魔力カウンターがある状態で戦闘破壊された時にエンディミオンサーチできる誘発効果

 ペンデュラム効果魔力カウンターを置けるモンスター手札から特殊召喚する効果
 手札に該当するモンスターを用意する必要があるためサーチサルベージ手段をうまく活用したい。
 自身も特殊召喚できるので(1)のモンスター効果に繋げることもできるが、元々魔法使い族蘇生リクルート手段にも長けているためこの効果を無理に使用する必要もない。
 手札に該当モンスターが存在するときに使えれば御の字と思えばいいだろう。

 (1)のモンスター効果特殊召喚に成功した場合に魔力カウンターの乗ったカード相手フィールドのカードバウンス及び自身への魔力カウンターの補充。
 魔法使い族ゆえに特殊召喚手段は豊富であり、《ペンデュラム・リボーン》による奇襲的な特殊召喚も狙える。
 戻すカードペンデュラム効果特殊召喚したモンスターでもいいが消費を考えると永続カードを戻しておきたいところ。
 ただし、自身の魔力カウンターの利用法は(2)の効果のみであり、発動すると魔力カウンターを全て失ってしまうので多く置いたカード戻すのは避けたい。
 《魔法都市エンディミオン》永続カードかつ(2)の効果で失う魔力カウンターを補充できるので相性がいいと言える。

 (2)のモンスター効果は自身に魔力カウンターがある状態で戦闘破壊された場合のエンディミオンサーチ
 耐性はなく効果による除去は容易なので、低い攻撃力も含め自爆特攻が主なトリガーとなる。
 《マジシャンズ・サークル》ならばバトルフェイズ中に特殊召喚されるので状況を作りやすくなる。
 サーチ先はエクストラデッキに送られたこのカード特殊召喚できる《マギステル・オブ・エンディミオン》か優秀なペンデュラム効果を持つ《サーヴァント・オブ・エンディミオン》あたりが候補。
 無論、ペンデュラム召喚を狙うために足りないペンデュラムスケールを持つモンスターサーチしてもいい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《エンプレス・オブ・エンディミオン》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星7 光属性 魔法使い族 攻1850 守2700 スケール2 エンディミオン

広告