《オッドアイズ・ランサー・ドラゴン/Odd-Eyes Lancer Dragon》

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
(1):自分フィールドのPモンスターが戦闘・効果で破壊された場合、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(3):自分フィールドの「オッドアイズ」カードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分の手札・モンスターゾーン・Pゾーンの「オッドアイズ」カード1枚を破壊できる。

 COLLECTORS PACK 2017で登場した光属性ドラゴン族最上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する誘発効果攻撃時に相手魔法・罠カード発動させない永続効果フィールドオッドアイズカード破壊手札フィールドの任意のオッドアイズカード身代わりにする永続効果を持つ。

 オッドアイズだが、レベル8なのでオッドアイズの派生モンスターの素材には使いにくい。
 高ステータスなので、このカード自体をアタッカーとして使うことになる。

 (1)は特殊召喚効果
 ペンデュラムモンスターを含めた2体のモンスターが必要になる。
 ディスアドバンテージアドバンス召喚と変わらない様に見えるが、《天空の虹彩》《ドラゴニックD》破壊トリガーとすれば能動的に、少ない消費で使用できる。
 《天空の虹彩》なら(3)の身代わりにするオッドアイズサーチしたり、このカードサーチしそのまま特殊召喚することも可能。

 (2)はアンティーク・ギアと同様の魔法・罠カードの封殺効果
 高い攻撃力相手伏せカードを気にせず攻撃できる。
 《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》も併用すればモンスター効果も封殺可能。

 (3)はオッドアイズ身代わり効果
 自身もオッドアイズなのでこの効果で守れ、他のオッドアイズを身代わりに破壊できる。
 逆にこのカード身代わりとして破壊し、他のオッドアイズを守ることも可能。
 フィールドペンデュラムモンスターを身代わりにした場合はペンデュラム召喚によって再利用可能。

  • 英語で「Lancer」は「槍を装備した騎兵」の意味。
    このモンスターは鋭角的なデザインが随所にみられるものの、通常のドラゴンの体形であり、槍を持った竜人というわけではない。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    (1):自分フィールドの「オッドアイズ」モンスターが破壊された場合、
    自分フィールドの「オッドアイズ」モンスター1体または
    それ以外の自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。
    このカードを手札から特殊召喚する。
    (2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
    手札・デッキから「オッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、
    相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
    そのモンスターの効果は無効になる。
    (3):このカードが攻撃する場合、
    相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
    (4):自分のモンスター1体が戦闘を行うダメージ計算時、
    自分フィールドの「オッドアイズ」モンスター1体を持ち主の手札に戻して発動できる。
    そのモンスターはその戦闘では破壊されず、
    その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
    (5):自分のモンスター1体が戦闘を行うダメージ計算時、
    手札の「オッドアイズ」モンスター2体を墓地へ送って発動できる。
    そのモンスターはその戦闘では破壊されず、
    その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは半分になり、
    その数値分だけ相手にダメージを与える。
    OCGでは(2)に相当する効果が削除され、(4)と(5)に相当する効果が統合され面影を残しつつ別物となった。
    また(1)の効果2つのコスト、及び(4)と(5)に相当する効果コストがそれぞれ緩い方に合わせる形で統合されており、文字数を削減しつつ強化されている。
  • 特殊召喚時の口上は「出でよ!窮地の壁を打ち砕く頼もしき渾身の一撃!《オッドアイズ・ランサー・ドラゴン》!」

関連カード

収録パック等


Tag: 《オッドアイズ・ランサー・ドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星8 光属性 ドラゴン族 攻3000 守2000 オッドアイズ

広告