《オネスト/Honest》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1100/守1900
(1):自分メインフェイズに発動できる。
フィールドの表側表示のこのカードを手札に戻す。
(2):自分の光属性モンスターが
戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した光属性天使族下級モンスター
 フィールド上に表側表示で存在する自身をバウンスする起動効果、自身をコストとして手札から墓地へ送る事で光属性攻撃力をアップさせる手札誘発誘発即時効果を持つ。

 (1)の効果は自身を手札に戻す効果
 (2)の効果手札誘発であるため、フィールドから手札へ手軽に戻れる。
 一時的に戦闘要員やとして使ったり、蘇生したりしてからそのまま手札に戻ることも可能。
 その場合、相手にこのカードの存在を認識されて奇襲性が落ちるため、主に牽制目的で使いたい。

 (2)の効果光属性モンスター攻撃力相手モンスター攻撃力分上昇させる。
 実質、相手モンスター攻撃力を0にすることと同義なため、ほぼ確実に攻撃表示相手モンスター戦闘破壊し、直接攻撃に匹敵する戦闘ダメージを与えることができる。
 加えて、その効果エンドフェイズまで続く点もコンボに繋げやすい。
 《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《阿修羅》といった連続攻撃のできるモンスターと組み合わせることで莫大な戦闘ダメージが見込める。
 一度に複数使うことで攻撃力を一気に上げて大ダメージを狙うことも可能。
 この場合、自分モンスター相手モンスターの合計攻撃力ダメージとなる。

 相手ターンにも手札から発動できるため、奇襲性は抜群に高い。
 このカードの与える影響は大きく、「攻撃表示で立っている光属性モンスター」がいることで、相手攻撃を抑止できる。
 特に《天空騎士パーシアス》などで迎撃できればアドバンテージを稼ぐことができる。
 光属性全ての戦闘を補助できるカードであり、ビートダウン型の【光属性】全般で必須カードとなる。

  • 「オネスト(Honest)」とは、英語で「正直な」「誠実な」という意味である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて、ブルー寮の特待生・藤原優介が所持していた精霊の宿るカード
    精霊として藤原を「マスター」と呼び慕っていたが、藤原がダークネスの事件に巻き込みたくないという意思からデッキに入れず、遺していった。
    藤原の姿をとって実体化し、周囲を洗脳してアカデミアに溶け込みつつ藤原が行方不明になった理由を探っていたが、ダークネスの化身であるミスターTに襲撃され続け、遂に深手を負ってしまう。
    その後は十代の魂と融合し、「十代vsミスターT」(3戦目)において十代が使用。
    《E・HERO ネオス》強化し、《F・G・D》戦闘破壊して勝負を決めた。
    その後「十代vsヨハンvs藤原」戦においても十代が使用。
    攻撃表示召喚されて《クリアー・キューブ》を戦闘破壊し、返しのターンに《クリアー・ヴィシャス・ナイト》に攻撃されたが、ヨハンの通常罠《守るべきもの》で戦闘破壊を免れる。
    次のターンに自身の効果手札に戻り、《レインボー・ネオス》攻撃力を上げて《クリアー・ヴィシャス・ナイト》を戦闘破壊し、勝負を決めた。
    攻撃名は「オネスティ・クライング」。
    英語版アニメでは効果名になっており、攻撃名が「オネスト・フェザー・シュート」になっている。
  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王ONLINE DUEL EVOLUTIONでは、シーズン11の制限改訂準制限カードに指定された。
  • DUEL TERMINALでは、一番初めに光属性モンスターをスキャンした場合に使用できる「翼跡の残光」のアイコンに描かれており、投入されている。
    基本的にどのカードをスキャンした場合でも内容は変わらないので、このカードをスキャンすれば、当時制限カードだった《オネスト》を2枚使用できる。
  • Xbox用アーケードゲーム「DECADE DUELS」では、《オネスト》を両者が発動した場合、ダメージ計算時のチェーンの逆順処理が発生せず、先に発動した方の《オネスト》から処理されるため、後に出した方が有利になるという不具合が存在する。
    また、《オネスト》を使用し攻撃力が加算される際、モンスター効果などで一時的に上昇した攻撃力は何故か含まれないため、お互いが《オネスト》を発動しても相打ちになる事がある。
    両者の《オネスト》分の上昇値は加算されず、互いの元々の攻撃力分だけしか上がらないので同じ攻撃力になるからである。

関連カード

手札から墓地へ送って自分モンスター攻撃力を変動させるカード一覧

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:このカードの(1)の効果起動効果)は1ターンに何度でも発動する事が可能ですか?
A:はい。発動する事が可能です。

Q:自分フィールド上に存在する元々の持ち主相手のこのカード手札に戻る効果発動できますか?
  発動できる場合、どちらの手札に戻りますか?
A:発動できます。その場合、元々の持ち主手札に戻ります。(12/11/18)

(2)の効果について

Q:このカードの(2)の効果誘発即時効果)は相手ターンでも発動する事が可能ですか?
A:自分ターンだけでなく、相手ターン戦闘時にも発動する事が可能です。(08/02/23)

Q:《オネスト》の効果対象をとる効果ですか?
A:《オネスト》の自身を手札戻す効果や、光属性モンスター攻撃力をアップする効果は、対象をとらない効果になります。(08/10/23)

Q:このカード手札に複数枚存在する場合、同一ダメージステップにおいて、これらのカードの効果を複数回発動する事は可能ですか?
A:発動する事ができます。(08/03/22)

Q:発動タイミングはダメージステップのいつですか?
A:「ダメージステップ開始時からダメージ計算前まで」です。
  ダメージ計算時には発動できません。(14/03/21)

Q:このカードチェーンして《突進》《収縮》などで相手攻撃力が変化する場合、どうなりますか?
A:そのまま逆順処理していきます。よって《突進》《収縮》の処理後に《オネスト》の処理となります。(08/03/03)

Q:「攻撃力の数値分アップする」とは、「発動した時の相手モンスター攻撃力分」ですか?
A:「効果解決時攻撃力分」です。(14/03/21)

Q:《邪神アバター》との戦闘でこのカードの効果を使用した場合

  1. そのモンスター攻撃力が相手である《邪神アバター》攻撃力分アップ
  2. 《邪神アバター》でないほうのモンスター攻撃力がアップしたので、《邪神アバター》攻撃力がアップ
  3. 効果処理中に相手の攻撃力がアップしたので、このカードによるアップ値が上昇
  4. 以下繰り返し

 と、ループしますか?
A:《オネスト》により攻撃力がアップするのは1度だけです。そのため、2の段階で処理は終了します。(08/03/02)

Q:《オネスト》の効果墓地発動する効果ですか?
A:《オネスト》の、モンスター攻撃力をアップする効果は、手札発動する効果になります。(09/01/31)

Q:このカードの効果が適用されたモンスター《収縮》発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:元々の攻撃力の半分の数値にこのカードによるアップ分を加えた数値になります。(13/06/27)


Tag: 《オネスト》 モンスター 星4 光属性 天使族 効果モンスター 攻1100 守1900

広告