《オルフェゴール・クリマクス/Orcust Crescendo》

カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「オルフェゴール」リンクモンスターが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキのモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
機械族・闇属性モンスター1体を選んで手札に加える。
この効果を発動するターン、自分は機械族・闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

 DARK NEOSTORMで登場したカウンター罠
 オルフェゴールリンクモンスターの存在を発動条件としたカウンター効果墓地から除外する事で機械族闇属性1体をサーチまたは除外ゾーンから回収する効果を持つ。

 (1)はオルフェゴールリンクモンスターの存在を発動条件としたカウンター効果
 《オルフェゴール・ガラテア》とは特に相性が良く、あちらの効果デッキからセットできるため返しのターンカウンター体制が整う。
 カウンター対象は幅広く、無効にした上で破壊を介さずに除外できるため性能は高い。
 ただし、カードの発動ではない魔法・罠カード効果の発動は防げない点に注意。

 (2)は墓地から除外する事で機械族闇属性1体をサーチまたは除外ゾーンから回収する効果
 発動ターン機械族闇属性しか特殊召喚できなくなる制約はあるが、アドバンテージを取れる効果なのは確か。
 【オルフェゴール】では制約もあまり気にならず、相手ターン発動してしまえば大抵のケースで問題はない。
 ただし、同一ターンで2つの効果を使う事はできないため、相手ターンに(1)の効果を使った場合はそのターン中の発動ができない点に注意。
 (1)の効果リンクモンスターの存在を条件にしており、攻撃宣言に対して《星遺物−『星槍』》を、効果破壊に対して《星遺物−『星櫃』》サーチすることでそれぞれ対応することができる。
 この効果【ギミック・パペット】等の機械族闇属性主体のデッキならば機能するので、こちらの効果を目当てに採用してみるのも良い。
 その場合は手札デッキから直接このカード墓地へ送る事ができるようにすると良いだろう。

  • 「クリマクス」は、英語で「物語で最も盛り上がる場面」を意味する「climax(一般的にはクライマックスとカタカナ表記される)」だろうか。
    • 英語名では、この部分が「クレッシェンド」となっている。
      楽譜などに使われる記号であり、「だんだん強くする」という意味である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《オルフェゴール・クリマクス》 カウンター罠 オルフェゴール

広告