《カブトロン/Beetron》

効果モンスター
星4/闇属性/昆虫族/攻1600/守 900
自分フィールド上に表側表示で存在する
魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
自分の墓地のレベル4以下の昆虫族モンスター1体を選択して
表側守備表示で特殊召喚する。
「カブトロン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 ジャンプフェスタ2012(1日目) プロモーションカードで登場した闇属性昆虫族下級モンスター
 表側表示魔法・罠カードコストに、昆虫族下級モンスター蘇生する起動効果を持つ。

 コストが必要なものの、墓地昆虫族下級モンスター蘇生できるため1:1交換となる。
 ただし表側守備表示での特殊召喚となるため戦闘には参加できず、このカードも簡単に戦闘破壊されるステータスなので、そのままではを増やす程度にしかならない。
 基本的にはレベル昆虫族エクシーズ召喚チューナーシンクロ召喚という動きが基本となるため、ディスアドバンテージはこれらの働きによって取り戻す必要がある。
 効果無効にならないので、エクシーズ素材シンクロ素材とする前にこれを利用出来ればベスト。
 自力でコストを調達できる甲虫装機や、《アーマード・ビー》ならば無理なく利用できる。
 安定性は高くないが、《ナチュル・バタフライ》攻撃を防ぐ事も可能。

 コストにできる魔法・罠カード表側表示限定である点に注意が必要である。
 スペルスピード1なのでチェーン発動できず、基本的には装備魔法永続罠等でなければならない。
 対象エクシーズ素材等になって無意味に残った《リビングデッドの呼び声》ならば最適である。
 《地底のアラクネー》甲虫装機モンスターの処理を任せ、《デモンズ・チェーン》を利用するのも良い。
 《大樹海》等はできれば長くフィールドに維持したいので積極的には使いにくいが、いざという時利用できるので枚数の調整は意識したい。

 このカードを何度も利用するのであれば、【甲虫装機】《地底のアラクネー》等、コストとなるカードを自前で増やせるような昆虫族と組み合わせるといいだろう。
 前者は装備カード状態の甲虫装機墓地へ送ることで、蘇生モンスター効果の発動の補助を同時に行うことができる。
 後者はこのカード《インフェルニティ・ビートル》蘇生すればシンクロ召喚でき、装備カードがなくなることで再び装備カード効果を使うこともできる。
 墓地にこのカードを3体揃えておけば、《継承の印》1枚からエクシーズ召喚も可能。

 攻撃力1600はアタッカーとして不十分な上、昆虫族リクルーターサーチャー《共鳴虫》《ゴキポン》に対応しない数値となっている。
 幸い守備力《ダニポン》の圏内であり、レベルを参照する《大樹海》もあるのでサーチはそこまで難しくないだろう。
 また、ローズ・トークン2体分で蘇生可能なので、《ブラック・ガーデン》《終末の騎士》を絡める事でも展開の機会を得られる。
 《ブラック・ガーデン》《召喚僧サモンプリースト》《甲虫装機 センチピード》も共有でき、このカードコストにもできるので相性は悪くない。

  • 原作・アニメにおいて―
    このカードは登場していないものの、アニメGXにおいてこのカード英語名と同じ、(ビートロン)シリーズが登場している。
    そちらについてはVWXYZのページを参照。

関連カード

収録パック等


Tag: 《カブトロン》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 昆虫族 攻1600 守900

広告