《カメンレオン/Masked Chameleon》

チューナー(効果モンスター)
星4/地属性/爬虫類族/攻1600/守1100
このカードは自分フィールド上に
レベル5以上のモンスターが存在しない場合のみ召喚できる。
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の守備力0のモンスター1体を選択して
表側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。 
この効果を発動するターン、
自分はエクストラデッキ以外からモンスターを特殊召喚できない。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した地属性爬虫類族下級モンスターチューナー
 レベル5以上のモンスターが存在しない場合にのみ召喚できる召喚条件と、召喚に成功した時に守備力0のモンスター蘇生する誘発効果を持つ。

 他のモンスター蘇生させてシンクロ召喚に繋げられるチューナーの1体であり、蘇生条件は守備力0と幅広い。
 レベル5〜11のシンクロモンスター、更にランク4のエクシーズモンスター手札1枚で出す事ができ、幅広い選択肢を持つ。
 蘇生効果を持つチューナーでも随一の範囲の広さを持ち、《速攻のかかし》などを蘇生することで《ナチュル・ビースト》なども出せる。

 爬虫類族であるため《キングレムリン》で容易にサーチでき、このカード《キングレムリン》エクシーズ召喚がしやすいので後続の《カメンレオン》のサーチに繋げられる。
 《フォトン・スラッシャー》《ゴブリンドバーグ》《キングレムリン》エクシーズ召喚に役立ち、かつ守備力0であるため非常に相性がいい。

 カテゴリとしては、アンブラルインヴェルズ海皇雲魔物ゴゴゴデーモン電池メンフォトンなどが多くの守備力0を擁している。
 そこまで守備力0のモンスターが多くないカテゴリでも、上記の《フォトン・スラッシャー》などを投入すれば蘇生対象を増やせるので、かなり幅広いデッキで採用を検討できる。
 また《速攻のかかし》などといったサイドデッキから投入するような、戦闘能力を有さないメタカードなども効率よく利用できる。

 レベル5以上のモンスターが存在すると召喚できないデメリットエクストラデッキ以外からの特殊召喚を封じるデメリットを持ち、どちらも大量展開に繋げにくくする効果となっている。
 とはいえ、単体で運用する分には殆ど問題無いレベルであり、どちらもプレイングで充分回避できる。
 このカードが2枚以上手札に入った場合も、先にシンクロ召喚に使用するとそのモンスターは必然的にレベル5以上になって次のこのカード召喚出来なくなるが、エクシーズ召喚ならレベルが無いので問題無く召喚できる。

 ただし相手からしてみれば、このカードを絡めた動きさえ止めてしまえばターン中の追撃はない、という事が瞭然である。
 除去を多用するデッキなどが相手の場合、テンポ・アドバンテージを奪われやすくなる点には注意しなければならない。
 また誓約効果の性質上《エフェクト・ヴェーラー》などの対モンスター効果カードの影響を強く受ける。
 展開の起点にするはずが動きを封じられ、反対に相手フィールドを参照するカード《クリムゾン・ブレーダー》などを通してしまうというリスクもある。
 手札に展開補助のカードが余分にあるのならば、あえて発動しないという事も十分考えられる。

  • その優秀さが評価されたのか、海外ではなんとウルトラレアと大幅に格上げされている。
  • カード名は「仮面」と「カメレオン」を掛けた洒落になっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:既にエクストラデッキ以外からの特殊召喚を行なっている場合、蘇生効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/04/20)

Q:蘇生効果チェーンしてエクストラデッキ以外からモンスター特殊召喚する効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/04/20)

Q:《ブラック・ガーデン》自分フィールド上に存在するときにこのカード召喚しました。強制効果によるローズ・トークン特殊召喚チェーンして蘇生する効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/04/23)

広告