《ギミック・パペット−テラー・ベビー/Gimmick Puppet Terror Baby》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 500/守   0
(1):このカードが召喚に成功した時、
「ギミック・パペット−テラー・ベビー」以外の自分の墓地の「ギミック・パペット」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、自分の「ギミック・パペット」モンスターの効果の発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編5−で登場した闇属性機械族下級モンスター
 召喚に成功した時に同名カード以外のギミック・パペット1体を蘇生する誘発効果墓地除外ギミック・パペット効果の発動に対する相手チェーンを封じる起動効果を持つ。

 (1)は召喚に成功した時におけるギミック・パペット蘇生
 守備表示限定なので基本的には各種素材に用いる事になる。
 メインデッキギミック・パペットアドバンテージを稼げる効果は貴重であり、1ターン目以外で蘇生対象がいない事は少ない。
 手札から展開する《ギミック・パペット−ハンプティ・ダンプティ》に比べると、こちらは特殊召喚では発動しないが、墓地からなので消費が少なく、エクシーズモンスター特殊召喚も可能である。
 《ギミック・パペット−ネクロ・ドール》蘇生して《ギミック・パペット−キメラ・ドール》リンク召喚し、前者の自己再生と後者のサーチ特殊召喚を利用すれば手札1枚の消費で《ギミック・パペット−キメラ・ドール》ランクギミック・パペットを並べられる。

 (2)はギミック・パペット効果の発動に対する相手チェーン封じ。
 スペルスピード1なので自分ターンに先打ちして発動する事となる。
 【ギミック・パペット】蘇生サルベージ、及び《ギミック・パペット−ネクロ・ドール》墓地コスト墓地を利用する事が多いため無駄打ちは避けたい。
 有って困る効果ではないが抜け穴も多く、オマケに近いか。
 基本的には相手フィールド《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》《召命の神弓−アポロウーサ》等の制圧モンスターがいる時に使い、他のギミック・パペットをサポートすることになるだろう。
 相手はまずこの効果カウンターしてくるだろうが、むしろこのカード効果を使わせたと考えれば儲けものである。

 ステータスと(1)により《地獄の暴走召喚》《機械複製術》とも相性が良い。
 これらは《ギミック・パペット−ネクロ・ドール》等とも併用できるためデッキに無理なく投入できる。

  • 「テラー(terror)」とは、英語で「恐怖」の意。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ギミック・パペット−テラー・ベビー》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 機械族 攻500 守0 ギミック・パペット

広告