《クロノダイバー・フライバック/Time Thief Flyback》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体を対象として発動できる。
手札・デッキから「クロノダイバー」カード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「クロノダイバー」Xモンスター1体を対象として発動できる。
相手の墓地からカード1枚を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

 EXTRA PACK 2019で登場した通常罠
 クロノダイバーエクシーズモンスターエクシーズ素材を補充する効果墓地の自身をコスト相手墓地カードクロノダイバーエクシーズモンスターエクシーズ素材にする効果を持つ。

 (1)(2)の効果はともにクロノダイバーエクシーズモンスターエクシーズ素材を補充する効果
 エクシーズ素材の種類を参照する《クロノダイバー・リダン》をメインに使うことになる。
 《クロノダイバー・パーペチュア》《クロノダイバー・リダン》蘇生させた時などに役立つ。

 (1)は任意のカードの種類エクシーズ素材とできるため《クロノダイバー・リダン》の狙った効果を使いやすくなる。
 その効果で取り除くことで疑似的な墓地肥やしとして見ることもできる。

 (2)は相手カードエクシーズ素材とするもので、《クロノダイバー・リダン》のどの効果を使えるかは相手に依存する。
 とはいえ昨今のデッキはほとんどモンスター魔法カードの割合が多く、それらを使う場合の効果は狙える可能性が高い。
 《D.D.クロウ》のように相手墓地利用の阻害もできる。
 公開情報のため牽制程度の役割でしかないが相手が動きにくくなることは間違いない。

 どちらの効果クロノダイバーエクシーズモンスターありきの効果である。
 クロノダイバーエクシーズモンスターは出しやすいが相手除去には注意したい。
 しかし、相手除去を撃たれた場合でも、「チェーン1:除去効果」→「チェーン2:《クロノダイバー・リダン》の(2)」→「チェーン3:このカード」とチェーンを組むことで、モンスターエクシーズ素材にし、《クロノダイバー・リダン》除外効果サクリファイス・エスケープを行えるので覚えておきたい。
 ただしこの場合、チェーン1の時点で《クロノダイバー・リダン》エクシーズ素材を1つも持っていない場合は効果発動できず、上記のようにチェーンは組めないので注意。
 他にも《エクシーズ・トライバル》を擬似的なコンバットトリックとして利用するなど、エクシーズ素材に応じて強化されるカードがあればこのカードも有効に働いてくれるだろう。

  • カード名の「フライバック(flyback)」はクロノダイバーに属することを考慮するとクロノグラフの「フライバック機能」が由来だろう。
    スタート・ストップ・リセットのボタンを持つクロノグラフにおいて、時間計測中にストップボタンを押さずに直接リセットボタンを押すことで即座に0秒から計測し直す機能である。
    針が「飛ぶように」「戻る」ことからフライバックと名付けられている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《クロノダイバー・フライバック》 通常罠 クロノダイバー

広告