《クロノダイバー・レギュレーター/Time Thief Regulator》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 600/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、このカードをリリースして発動できる。
デッキから「クロノダイバー・レギュレーター」以外の「クロノダイバー」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分のXモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 EXTRA PACK 2019で登場した闇属性機械族下級モンスター
 自身をリリースする事で同名カード以外のクロノダイバーモンスター2種類をリクルートする起動効果自分エクシーズモンスター戦闘破壊された場合に自己再生する誘発効果を持つ。

 (1)は同名カード以外のクロノダイバーモンスター2種類のリクルート
 単純に使っても1:2交換となり、効果無効化しないため《クロノダイバー・リューズ》サーチ効果で更にアドバンテージを稼げる。
 ただし、他に自分モンスターが存在しない場合という発動条件があるため優勢時では腐りやすい。
 なるべく1ターン目や劣勢時に用意したいカードと言えよう。

 (2)はエクシーズモンスター戦闘破壊トリガーとする自己再生
 自身のステータスが低いため相手ターンで出した場合はそのまま後続に倒されがち。
 相手の最後の攻撃自己再生し、返しの自分ターンに(1)の効果に繋げたり、そのままエクシーズ素材にできれば理想的。
 あるいは、自爆特攻で能動的に発動し、メインフェイズ2に(1)の効果から展開に繋げるのも良い。
 クロノダイバーデッキでは《クロノダイバー・リダン》は自身の効果サクリファイス・エスケープができる関係上、この効果トリガーには不向きなので《クロノダイバー・パーペチュア》トリガーとなりやすい。
 あちらはデッキのこのカードを他のエクシーズモンスターエクシーズ素材にできるので、うまく墓地へ送れば発動が狙える。

  • カード名の「レギュレーター(Regulator)」は「調整装置」「監視官」などを意味する。
    特に時計に関連する用語としては「標準時計(標準時を確認するための時計)」「緩急針(時計の時刻を微調整するための機構)」などを指す。

関連カード

―《クロノダイバー・レギュレーター》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《クロノダイバー・レギュレーター》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 機械族 攻600 守200 クロノダイバー

広告