《グリフォンの(つばさ)/Gryphon Wing》

通常罠
(1):相手が「ハーピィの羽根帚」を発動した時に発動できる。
その効果を無効にし、相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

 BOOSTER7で登場した通常罠
 《ハーピィの羽根帚》効果をそのまま相手に返す効果を持つ。

 《ハーピィの羽根帚》効果無効にし、相手魔法・罠カード全体除去するのは魅力的である。
 しかし、そのためだけにピンポイントな対策をするのは効率が悪く、汎用性の高い《スターライト・ロード》カウンター罠等を入れた方が良い。

  • 「グリフォン/Griffon」とは伝説上の怪鳥の一種であり、「グリフィン/griffin」「グライフ/Greif」「グリュプス/gryps」とも呼ばれる。
    ギリシャから見て北の彼方に住むと言われ、その容姿は、頭と前足と翼が鷲で、胴体と後脚はライオンの半獣とされている。
    存在の役目としては二つあり、「天上の神々をのせた車を引く馬のかわりの足である」・「酒の瓶(かめ)を守り、邪魔する人間をそのカギ爪で引き裂く」というものである。
    「ヒッポグリフォ」はグリフォンの派生創作からできた生物である。

関連カード

―特定カードへのメタカード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手発動した《グリフォンの翼》の効果自分フィールド上に存在する魔法・罠カードが2枚以上破壊される場合、《スターライト・ロード》発動できますか?
A:発動できます。(10/09/09)


Tag: 《グリフォンの翼》 通常罠

広告