《グレイドル・スライムJr.(ジュニア)/Graydle Slime Jr.》

チューナー・効果モンスター
星2/水属性/水族/攻   0/守2000
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「グレイドル」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターと同じレベルの
水族モンスター1体を手札から特殊召喚できる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「グレイドル」モンスター1体を特殊召喚する。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した水属性水族下級モンスターチューナー
 召喚成功時に墓地グレイドル蘇生し、更に蘇生したモンスターと同レベル水族モンスター手札から特殊召喚できる誘発効果、自身が戦闘破壊され墓地へ送られた時にグレイドル1体をリクルートできる誘発効果を持つ。

 (1)の効果水属性シンクロモンスターを容易にシンクロ召喚できるが、他の効果を使用しない限り対応先は少ない。
 このカード蘇生したモンスターとで出せるのは現在のところレベル5の《神海竜ギシルノドン》《水晶機巧−アメトリクス》のみである。
 手札からの特殊召喚も絡めるのならば、レベル8の《グレイドル・ドラゴン》《白闘気白鯨》レベル7の《氷結界の龍 グングニール》も可能となる。
 手札消費2枚となるが、できることなら相手フィールドの複数のカード破壊しつつ、破壊されても蘇生効果ディスアドバンテージを補えるレベル8の2体を狙いたい。
 手札から《スターフィッシュ》を出せば、レベル6の《氷結界の虎王ドゥローレン》《瑚之龍》レベル9の《氷結界の龍 トリシューラ》シンクロ召喚も可能になる。
 もっとも、《スターフィッシュ》汎用性は高いとは言えないので、使用する場合は採用枚数に気をつけたい。
 《マスター・ボーイ》リンク召喚し、展開強化を狙うのも良く、水属性主体になるため、全体強化などとも相性が良い。

 単純に《グレイドル・ドラゴン》蘇生し、攻撃要員にするのも良い。
 組み合わせ次第ではエクシーズ召喚も可能である。
 詳細はページ下部参照。

 (2)の効果は他のグレイドル同様に自爆特攻でも発動可能である。
 戦闘ダメージさえ気にしなければレベルグレイドルリクルートし、そちらも続けて自爆特攻させることでコントロール奪取に移れる。
 デュエル序盤ならば上級チューナーである《グレイドル・スライム》リクルートしておき、早めに墓地へ送っておくのも良い。

関連カード

―《グレイドル・スライムJr.》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《グレイドル・スライムJr.》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星2 水属性 水族 攻0 守2000 グレイドル

広告