《ゲール・ドグラ/Gale Dogra》

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 650/守 600
(1):3000LPを払って発動できる。
EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。

 BOOSTER6で登場した地属性昆虫族下級モンスター
 ライフコストを払ってエクストラデッキモンスター墓地へ送る起動効果を持つ。

 大きなライフコストを伴うものの、エクストラデッキからモンスター墓地へ送るカードは貴重であり、さまざまなコンボに繋げられる。
 ライフコストの都合上、1度のデュエルで使える回数は多くの場合2回が限度となるが、1ターンに1度の制限はない。

 現在最も有効な活用法と言えるのが、《虹光の宣告者》を2枚落として《マンジュ・ゴッド》2枚分として機能させる事である。
 これにより《神光の宣告者》《崇光なる宣告者》を初手で儀式召喚し、そのまま制圧を狙うデッキで主に採用されている。
 状況によっては《旧神ヌトス》を落として除去を行い、特殊召喚封じなどの厄介なカードをどかしてから儀式召喚を行っても良い。
 低攻撃力を晒すリスクは、通常召喚したこのカードリンク素材として《転生炎獣アルミラージ》リンク召喚したり、あるいは更に《転生炎獣アルミラージ》リンク素材として《セキュア・ガードナー》につなげることで処理できる。

 それ以外にも様々なコンボが考えられるものの、上記以外の活用法は莫大なライフコストに見合う制圧力が得られず、あまり有効とは言いがたいものが多い。
 また、サーチしにくい代わりに魔法カードなのでこちらより防がれにくい《おろかな重葬》という競合先も存在する。
 デッキに合った方を優先したいが、【神光の宣告者】ではいっそのこと併用しても良いだろう。
 なお、3枚以上のモンスター墓地へ送る事を狙うのならば、出すのに手間がかかるが大量に墓地へ送る事ができる《轟雷帝ザボルグ》を使用した方が効率が良い。

  • 上記のように時を経て再評価を受けたカードであるが、BOOSTER6以外では限定パックにしか収録されておらず、ノーマルカードとしては高値で取引されている。
  • カード名の「ゲール」は英語名を見る限り「疾風」を意味する「gale」で間違いないと思われるが、「ドグラ(dogra)」はインド・パキスタンに居住する民族の一つを指す言葉であり、イラストとはイメージが合わない。
    あるいは怪奇探偵小説『ドグラ・マグラ』から取られたものかも知れない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《ゲール・ドグラ》の効果エクストラデッキシンクロモンスターエクシーズモンスターペンデュラムモンスター墓地に送れますか?
A:はい、エクストラデッキから対象墓地へ送る効果なので可能です。(14/03/22)


Tag: 《ゲール・ドグラ》 効果モンスター モンスター 星2 地属性 昆虫族 攻650 守600

広告