《サイレント・バーニング/Silent Burning》

速攻魔法
(1):自分フィールドに「サイレント・マジシャン」モンスターが存在し、
自分の手札が相手より多い場合、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
お互いは手札が6枚になるようにデッキからドローする。
このカードの発動と効果は無効化されない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイレント・マジシャン」モンスター1体を手札に加える。

 デュエリストパック−王の記憶編−で登場した速攻魔法
 お互い手札が6枚になるようドローする効果墓地から除外することでサイレント・マジシャン1体をサーチする効果を持つ。

 (1)のドロー効果は6枚になるまでとあるため、普通に使った場合は最大で5枚のドローが可能である。
 しかし、相手よりも自分手札枚数が多い場合にしか使えないため、相手に与えるカードの方が多くなってしまう。
 また、《エフェクト・ヴェーラー》等の手札誘発型を手札に維持して闘うパターンも多く、相手手札が減るのはデュエル終盤か、アドバンテージを度外視して1ターンキルを狙いにきた程度。
 そのためデュエル序盤〜中盤にかけては発動機会が訪れないことも多い。

 《PSYフレームロード・Ω》ハンデスカードなどで相手手札を減らせば発動は狙いやすくなる。
 しかし、相手手札が減った分、相手ドローできる枚数も増えてしまうのが難点。
 このカードの発動速攻魔法手札誘発チェーンして自分手札を減らせば、自分が得るカードの枚数を増やすことができる。
 《ハンドレス・フェイク》《妖精伝姫−シラユキ》を用いて自分手札を減らせば、最大で6枚のドローが可能。
 このカード蘇生カードチェーンする形で《神殿を守る者》特殊召喚すれば、自分だけがドローの恩恵を受けられる。
 いずれにせよ漫然と投入しただけでは発動すらままならないため、なんらかのコンボが前提となる。

 《沈黙の魔術師−サイレント・マジシャン》攻撃力手札の枚数に依存するため、攻撃力が一気に4000にまで跳ね上がる。
 このカード相手に意識させれば、攻撃表示《沈黙の魔術師−サイレント・マジシャン》に対して迂闊に攻撃することができなくなる。
 勿論、メインフェイズ1の間に対処されてしまうことも多く過信は禁物だが、あくまでも戦術の一環程度に留めておきたい。

 (2)の効果サイレント・マジシャンサーチする効果
 (1)の効果が使えない場合は手札コストなどにし、こちらの効果を使うと良いか。
 また(1)の効果の使用直後に発動すれば、《沈黙の魔術師−サイレント・マジシャン》攻撃力4500となる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《サイレント・バーニング》 魔法 速攻魔法

広告