《サラマンドラ/Salamandra》

装備魔法
炎属性モンスターにのみ装備可能。
(1):装備モンスターの攻撃力は700アップする。

 遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記 付属カードで登場した装備魔法
 炎属性専用であり、装備モンスター攻撃力強化する効果を持つ。

 登場当時は目を見張る上昇値の高さだったが、肝心の炎属性が殆ど居らず宝の持ち腐れだった。
 当時の攻撃力1位と2位がレアカード中のレアカード《メテオ・ブラック・ドラゴン》《ファイヤー・ウイング・ペガサス》である点も融通を欠いた。
 第2期以降は、《デーモンの斧》《悪魔のくちづけ》という完全上位互換が登場しており、こちらの出る幕はない。

  • DM2の同梱カードの中では、いわゆる「はずれ」とされている。
    同梱カードの当たり外れの差があまりにも大きく、ゲームのおまけとはいえこれが当たり落ち込んだ人も多かっただろう。
  • 「サラマンダー(サラマンドラ、サラマンデル/Salamander)」は中世の錬金術師パラケルススが提唱した四大元素の精霊のうち、火の精の名である。
    創作物の影響からトカゲのイメージがあるが、伝承の根本はサンショウウオである。
  • アニメで城之内が「決闘王国」へ向かう船で交換してもらったカードの1枚。
    アニメ版の「vsリシド」戦では、手札にある事が確認できる。
  • 東映版にて、ゲーム四天王の一人シェルダン伯爵が《サラマンドラ》というモンスターを使用しているが、イラストも含めこのカードとはまったくの別物である。

関連カード

─四精霊

収録パック等


Tag: 《サラマンドラ》 魔法 装備魔法

広告