《シューティング・クェーサー・ドラゴン/Shooting Quasar Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
シンクロモンスターのチューナー1体+チューナー以外のシンクロモンスター2体以上
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。
このカードはこのカードのシンクロ素材とした
チューナー以外のモンスターの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃する事ができる。
1ターンに1度、魔法・罠・効果モンスターの
効果の発動を無効にし、破壊する事ができる。
このカードがフィールド上から離れた時、
「シューティング・スター・ドラゴン」1体を
エクストラデッキから特殊召喚する事ができる。

 MASTER GUIDE3 付属カードで登場した光属性ドラゴン族シンクロモンスター
 シンクロ召喚でしか特殊召喚できない召喚制限と、連続攻撃効果効果の発動無効にする効果《シューティング・スター・ドラゴン》特殊召喚する効果を持つ。

 《TG ハルバード・キャノン》と同様のシンクロ素材を持つ大型シンクロモンスター
 最低でも2回の攻撃が可能で、シンクロ素材モンスターで総攻撃する場合より与えるダメージが高くなる事も少なくない。
 攻撃力4000の複数回攻撃は脅威であり、ダイレクトアタックなら1ターンキルに達する。
 そして、《スターダスト・ドラゴン/バスター》同様の無効化効果によって、その攻撃も容易に通す事ができる。
 あちらと違いフィールドに残るため、1度効果を使うと無防備になるものの、攻撃を続行できる点・自分フィールドをがら空きにしない点では勝っている。

 また、除去されても《シューティング・スター・ドラゴン》特殊召喚する事ができる。
 強力な耐性を持つこのカードを苦労して除去しても、後続にも強力なモンスターが残り、相手としては厄介な事この上ない。
 単体でフィールドを制圧できる上、息切れもしにくいので、手間をかけてでも出す価値はあるだろう。
 発動条件が「フィールドから離れる」であるため、除外バウンスでも特殊召喚可能なのは非常に優秀。
 《奈落の落とし穴》《強制脱出装置》等、多くのシンクロモンスターが苦手とするカードにも対応できる。

 ただし、《シューティング・スター・ドラゴン》特殊召喚する効果任意効果なので、タイミングを逃す可能性があることは留意しておきたい。
 無効化効果チェーンする形で除去されると、無効化は有効となるものの特殊召喚する効果タイミングを逃すため、《シューティング・スター・ドラゴン》を出すことができない。
 また、《ライトロード・ハンター ライコウ》破壊後に別の処理を行うカード除去された場合にも出せない。
 とはいえ、無効化効果の存在から破壊効果を連打しなければならない以上、使った側も相当消耗するのは確かである。

 総じて、同じシンクロ素材を持つ《TG ハルバード・キャノン》よりも場持ちが良い。
 共に後続を呼び出す効果を持つが、こちらは《シューティング・スター・ドラゴン》シンクロ召喚を行う下準備が必要無い。
 エクストラデッキからの特殊召喚なので妨害されにくく、バウンス除外でも出せる点も勝っている。
 基本的には、TGやそのサポートカードを使用したり、どうしても召喚無効にしたい場合でないならば、こちらが優先される。

  • スリーブ人気投票では2位になり、スリーブ化が決定した。
  • シンクロ召喚の際、遊星の身体が金色に光っていたためか、チューナーを表す輪も緑ではなく金色となっていた。
    さらに時間の経過と共に、実際のクェーサーの特徴である赤方偏移の如く、色が徐々に変化していった。
  • アニメでは以下の効果だった。
    リミットオーバーアクセルシンクロ・効果モンスター
    星12/光属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
    シンクロチューナー+チューナー以外のシンクロモンスター2体以上
    このカードは素材としたシンクロモンスターの数だけ攻撃する事ができる。
    このカードが攻撃する時、「無効にする」という効果を持つ
    フィールド上に存在するカード1枚の効果の発動を
    バトルフェイズ終了時まで無効にする事ができる。
    また、効果によるダメージを無効にする。
    相手モンスターのモンスター効果をこのカードは受けない。
    このカードがフィールドを離れた時、フィールド上のモンスターを
    全て破壊しエクストラデッキの「シューティング・スター・ドラゴン」
    1体を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
    この特殊召喚はシンクロ召喚扱いとする。
    この効果で「時械神」の持つ「プレイヤー戦闘ダメージを受けない」効果無効にさせないものの、破壊無効効果無効にすることで5体もの「時械神」の戦闘破壊に成功した。
    遊星は「《シューティング・クェーサー・ドラゴン》は破壊無効効果無効にできる」と説明していた。
    またテキストには書かれていないが、特殊召喚された《シューティング・スター・ドラゴン》効果無効になると説明されている。
    なお、この効果の場合、OCGでは《時械神メタイオン》の「戦闘及びカードの効果では破壊されない効果永続効果であり、発動する効果ではないので、この効果無効にする事はできない。
  • コナミのゲーム作品において―
    TF6での召喚ムービーでは、チューニング時に発生する輪が2つになる演出が入る。
    シンクロ素材レベルは固定ではないため、チューニングの演出はムービーの前に行われるのだが、このカードだけ例外となっている。

関連カード

―《シューティング・クェーサー・ドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード裏側表示になりその後表側表示になった場合、複数回攻撃できますか?
  できないならば、攻撃自体はできますか?
A:いいえ、複数回攻撃する事はできません。
  攻撃自体は通常通り1回できます。(11/03/25)

Q:このカード《亜空間物質転送装置》等で一旦除外され、フィールド上に戻った場合、複数回攻撃できますか?
A:いいえ、できません。(11/03/25)

Q:このカード《スキルドレイン》で一旦無効にされ、その後、《スキルドレイン》フィールドから離れた場合、複数回攻撃できますか?
A:いいえ、できません。(11/03/25)

Q:ダメージステップカード効果の発動無効にする効果発動できますか?
A:はい、発動でき、ダメージ計算時でも発動可能です。(11/03/25)

Q:既に表側表示で存在する魔法・罠カードの「効果の発動」に対して発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/03/25)

Q:ダメージステップ中にこのカードフィールド上を離れた時、特殊召喚効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/03/25)

Q:フィールド上に存在するこのカードエクストラデッキ戻った時、特殊召喚効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/03/25)

Q:裏側表示の状態でこのカードフィールド上から離れた時、特殊召喚効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(11/03/25)

Q:エクストラデッキ戻ったこのカード特殊召喚するモンスター効果の発動《天罰》無効にした場合、エクストラデッキに存在するこのカード破壊されますか?
A:はい、破壊され墓地へ送られます。(11/03/25)

Q:この効果によって特殊召喚された《シューティング・スター・ドラゴン》蘇生制限を満たしていませんか?
A:はい、この特殊召喚シンクロ召喚ではありませんので満たしません。(11/04/09)

Q:このカード対象にして《シンクロキャンセル》発動し、墓地シンクロ素材特殊召喚しました。
  この時《シューティング・クェーサー・ドラゴン》の、《シューティング・スター・ドラゴン》を特殊召喚する効果発動できますか?
A:いいえ、このカードエクストラデッキに戻した後に特殊召喚する処理を行うので、タイミングを逃して発動できません。(11/05/01)

Q:相手コントロールが移った《シューティング・クェーサー・ドラゴン》が表側表示フィールドから離れる場合、自分《シューティング・スター・ドラゴン》特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(11/04/04)

Q:相手コントロールが移った《シューティング・クェーサー・ドラゴン》が表側表示フィールドから離れる場合、相手《シューティング・スター・ドラゴン》特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できるのは元々の持ち主である自分のみです。(11/07/22)

Q:元々の持ち主が相手となる《シューティング・クェーサー・ドラゴン》が表側表示で相手フィールドから離れる場合、自分《シューティング・スター・ドラゴン》特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(11/07/22)

広告