《ジェネレーション・ネクスト》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。
お互いのLPの差の数値以下の攻撃力を持つ、
「E・HERO」モンスター、「クリボー」モンスター、「N(ネオスペーシアン)」モンスターの内、
いずれか1体を自分のデッキ・墓地から選び、手札に加えるか特殊召喚する。
このターン、自分はそのカード及びその同名カードの効果の発動ができない。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編6−で登場する速攻魔法
 お互いライフポイントの差以下の攻撃力を持つE・HEROモンスタークリボーモンスターモンスター除外以外の場所からサーチまたは特殊召喚する効果を持つ。

 ライフポイントに条件はあるものの、同じくE・HEROモンスターリクルートできる《ヒーローアライブ》なら満たしやすい。
 また、クリボーステータスが低いモンスターが多く、わずかな差でも対象としやすい。
 ただしターン中の効果の発動が制限されるため、純粋なアタッカーか、各種素材としての役割が主となる。
 なお、永続効果に関しては有効なので、《E・HERO エッジマン》貫通は生かせる。
 コンタクト融合体のデッキに戻るデメリット発動しないので、相手ターンまで維持できる。
 手札誘発効果を持つクリボーサーチしておき、相手ターンに備えることもできる。

 E・HEROが範囲でライフポイントの差が関係するため、《E・HERO エアー・ネオス》との相性がいい。
 この効果《E・HERO ネオス》を出せる状況であれば最低5000の攻撃力は確保できる。

  • 原作・アニメにおいて―
    イラストの構図のモチーフは、アニメGXの初代OP「快晴・上昇・ハレルーヤ」冒頭のE・HERO3体が海上を飛び太陽にむかって上昇するシーンである。
    カード名は番組名の「GX」が「Generation neXt(ジェネレーション・ネクスト:次の世代)」に由来していることにちなんでの命名だろう。
  • 作品名の「GX」の読みは「ジーエックス」であり、GX劇中には「GX(ジェネックス)」というデュエルアカデミア主催の世界大会も登場する。
    この「ジェネックス」という読みは、アニメGX放送開始前の没案だった仮タイトルが形を変え復活したものである。
  • コナミのゲーム作品において―
    デュエルリンクスにおいては、GXワールドの開放とともに発売されたパックの名前が「ジェネレーション・ネクスト」であった。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ジェネレーション・ネクスト》 魔法 速攻魔法

広告