《スウィッチヒーロー/Switcheroroo》

通常罠
(1):お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合、
そのモンスターのコントロールを全て入れ替える。

 レイジング・テンペストで登場した通常罠
 フィールドモンスターが同じ数の場合にコントロールを全て入れ替える効果を持つ。

 複数のモンスターコントロールを一度に奪うことができるので爆発力は高い。
 お互いモンスター5体をまるごと交換できれば非常に優位な状況を掴むことができる。
 だが両者のモンスターの数が同じという条件が厄介で、自分からモンスターの数を調整して揃える必要がある。

 揃えるだけならばペンデュラム召喚等でも可能だが、送りつけるモンスターも考えると複数のモンスタートークンを展開できるカードとの併用が理想的だろう。
 《クラスター・ペンデュラム》は1枚でこのカード発動条件を容易に満たす事ができる。
 相手モンスターがこちらより1体だけ多い場合なら《トーチ・ゴーレム》で数を揃えられる。
 《スケープ・ゴート》《超カバーカーニバル》もそのまま交換、もしくは相手トークン戦闘破壊モンスターの数が揃った時点での交換も狙える。
 自分から戦闘破壊しても発動を狙え、そのまま奪ったモンスタートークン攻撃すれば大ダメージを狙える。

 ただし、効果処理時の数が揃っていなければならず、チェーンされてモンスターの数を変更されたり、《禁じられた聖槍》などで簡単に不発になってしまう点に注意が必要。
 (FAQも参照)
 使用者の構築力とプレイングセンスが要求されるカードといえる。

  • この場合の「スウィッチ(switch)」は、入れ替える事を指す。
  • 英語名は、「予想外の急展開」を意味する英単語「switcheroo」と「hero(ヒーロー)」を組み合わせているようである。
    ちなみに、英語版イラストでも旗の「大安売り」の文字は日本語のままとなっている。
  • イラストは、桃太郎一行と鬼達の立場が入れ替わり、鬼達が桃太郎退治に向かうシチュエーションのようである。
    なお、偶然か意図的かは不明だが、桃太郎の家来である犬・猿・キジの三匹は、同パック収録の十二獣に欠けている三匹と一致する。
    十二支は方角を表すときにも用いられ、戌・申・酉(キジ)は「鬼門」の鬼に対して逆方向の「裏鬼門」にあたるため、桃太郎の供に選ばれたという解釈もある。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《禁じられた聖槍》効果適用されているモンスターフィールドに存在する時にこのカード発動できますか?
A:はい、発動する事はできますが、全てのモンスターコントロールを入れ替える処理ができなくなりますので、1体もモンスターコントロールを入れ替える処理を行いません。(16/10/07)

Q:《不意打ち又佐》フィールドに存在する時にこのカード発動できますか?
A:いいえ、発動する事自体できません。(16/10/07)


Tag: 《スウィッチヒーロー》 通常罠

広告