《スターライト・ロード/Starlight Road》

通常罠
(1):自分フィールドのカードを2枚以上破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にし破壊する。
その後、「スターダスト・ドラゴン」1体をエクストラデッキから特殊召喚できる。

 遊戯王5D'sデュエルディスク遊星ver.DX 付属カードで登場した通常罠
 複数枚除去効果無効化し、エクストラデッキから《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚する効果を持つ。

 発動されたカードの種類・こちらが破壊されるカードの種類のどちらにも制限がなくコストも存在しないため、全体除去メタカードの中では優秀な部類に入る。
 多くのデッキで採用される《ハーピィの羽根帚》《ブラック・ホール》《激流葬》や、《ブラック・ローズ・ドラゴン》《励輝士 ヴェルズビュート》等の「カードを2枚以上破壊するカード」を無効化できる。
 中でも《ハーピィの羽根帚》には特に強いメタカードとして機能するので、全体除去を誘いやすい魔法・罠カードを多くセットするデッキとの相性は非常に良い。

 無効にし破壊することに成功した場合、更に《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚できる。
 全体除去無効にされた上、効果破壊を身代わりできる攻撃力2500のモンスターを1体増やされるのは、相手が劣勢であれば相当の脅威である。
 自分ターン相手《激流葬》《聖なるバリア −ミラーフォース−》無効化し、一気に攻め込めれば理想的である。

 ただし、この効果特殊召喚した《スターダスト・ドラゴン》蘇生制限を満たしていないため、蘇生帰還ができない。
 自身の効果リリースしてもエンドフェイズ自己再生できないので、シンクロ召喚した《スターダスト・ドラゴン》と違い使い捨てになる。

 弱点としては、このカードの効果特殊召喚を含むため、《神の警告》等で無効化される点が挙げられる。
 また全体除去を行うカードも多くはないため、デッキに投入するバランスや主流デッキの傾向を考慮する必要がある。
 カードを1枚ずつ破壊する《ダーク・アームド・ドラゴン》《アーカナイト・マジシャン》等のカードや、除外バウンスには無力。
 相手カード発動条件を頼る以上、腐る場合があることを視野に入れておく必要がある。

  • 相手が大量の伏せカードを出したら、全体除去を使わず単体除去伏せカードを潰す」という日本代表のプレイングは、《スターライト・ロード》対策のお手本というべき的確なプレイである。
    だが、どれだけ的確なプレイングを行っても運がなければ勝てない事を、彼ははからずも証明することになってしまった。
  • 英語版アニメでは、遊星が一度カード名を《スターダスト・ロード》と呼んだ事がある。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

基本

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(09/12/01)

Q:このカードの効果による特殊召喚シンクロ召喚ですか?(シンクロモンスター蘇生制限を満たせますか?)
A:いいえ、シンクロ召喚ではありません。
  よって、この方法で特殊召喚した《スターダスト・ドラゴン》は自身の効果墓地から特殊召喚やその他のカード蘇生帰還はできません。(09/11/21)

Q:エクストラデッキ《スターダスト・ドラゴン》が存在しない時でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/11/21)

Q:《虚無魔人》が存在するときに発動できますか?
A:はい、発動できます。
  その場合、無効にする効果適用できますが特殊召喚する効果適用できません。(09/11/21)

Q:2枚以上のカード破壊する効果《光と闇の竜》のような強制的に発動する効果が割り込んだ場合このカード発動できますか?
A:いいえ、直前のカードの効果チェーンしなければならないので発動できません。(10/01/21)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果デッキから墓地へ送られた《漏電》効果の発動によって、フィールド上に存在するカード2枚以上が破壊される場合は発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/09/04)

Q:《ブラック・ガーデン》効果の発動によって、フィールド上に存在する植物族モンスター2体以上が破壊される場合は発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/09/04)

Q:《サイクロン・ブーメラン》効果の発動によって、フィールド上に存在する魔法・罠カード2枚以上が破壊される場合は発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/09/04)

Q:このカードの発動チェーンをして《王宮の弾圧》発動できますか?
A:はい、発動できます。その際、《スターライト・ロード》の効果無効になり破壊されます。(09/11/24)
  なお、エクストラデッキが0枚の状態で発動されたこのカードに対し《王宮の弾圧》発動することはできます。(10/03/26)

自分フィールド上のカードを2枚以上破壊する効果」の基準について

Q:自分フィールド上にモンスターが1体のみ存在する時に相手《ブラック・ホール》発動した場合、発動出来ますか?
A:自分フィールド上のカードが2枚以上破壊される場合ではない為、発動する事はできません。(11/01/18)

Q:《大嵐》《ブラック・ローズ・ドラゴン》等のように対象をとらない効果自分カードが2枚以上破壊される場合でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(09/11/21)

Q:《剣闘獣ガイザレス》《ライトロード・エンジェル ケルビム》効果で、破壊対象を1枚しか選択しなかった場合、それらの効果チェーンして発動できますか?
A:いいえ、発動することはできません。(09/11/21)

Q:《闇の支配者−ゾーク》のような、複数破壊できるかどうか不確定な効果チェーンして発動できますか?
A:いいえ、発動することはできません。(09/11/21)

Q:《スキルドレイン》適用中に発動した《裁きの龍》効果(本来ならば破壊できるカードが2枚以上存在)に対してこのカード発動できますか?
A:発動する事はできますが、このカードによって《裁きの龍》効果無効にする事はできません。
  無効にできず破壊もできないため、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚する処理も行いません。(15/08/08)

Q:自分フィールドモンスターが2体存在し、《スキルドレイン》発動している状況で、《ユベル−Das Abscheulich Ritter》エンドフェイズ効果チェーンして発動できますか?
A:はい。発動できます。(09/11/21)

Q:破壊される自分フィールド上のカードがこのカード1枚のみのときの自分《大嵐》発動チェーンをしてこのカード発動できますか?
A:いいえ、発動した《大嵐》自身は破壊されないので発動できません。(09/11/21)

Q:自分フィールド《ホルスの黒炎竜 LV6》とこのカードの2枚のみが存在するときに相手《漏電》発動しました。
  このカードチェーンして発動することはできますか?
A:はい、発動できます。(12/07/20)

Q:自分フィールド《宮廷のしきたり》罠モンスター1体とその他のモンスターが1体居て、相手《ブラック・ホール》発動した時、このカード発動する事は出来ますか?
  (「破壊できない」モンスターは《スターライト・ロード》の「2枚以上破壊する効果」の破壊対象の数のカウントに含めますか?
  また、《M・HERO ヴェイパー》のような「破壊されないモンスターの場合はどうですか?)
A:ご質問頂きました状況の場合でも、自分は《スターライト・ロード》を発動する事ができます。(12/12/29)

Q:自分フィールドモンスター《ブラッド・ヴォルス》《ガガガシールド》を装備した《ヂェミナイ・エルフ》2枚のみが存在するときに相手《ブラック・ホール》発動しました。
  このカードチェーンして発動することはできますか?
A:はい、発動できます。(12/04/18)

Q:自分フィールド上に裏側守備表示攻撃力1500以下のモンスターのみが2体以上存在し、相手《魔のデッキ破壊ウイルス》発動した場合にこのカード発動できますか?
A:いいえ、発動することはできません。(10/01/06)

Q:相手フィールドに2枚のE・HERO魔法・罠カードが存在し、自分フィールド上にこのカードと他の魔法・罠カードが存在する場合、相手手札から発動した《R−ライトジャスティス》チェーンして発動できますか?
A:いいえ、その場合発動時に自分カード破壊されるかどうか不確定ですので発動できません。(09/11/26)

Q:上記の場合の相手フィールド上に発動した《R−ライトジャスティス》以外の魔法・罠カードが存在しない時は、それにチェーンして発動できますか?
A:はい、その場合なら発動できます。(09/11/26)

Q:フィールドに複数のE・HERO と名のつくモンスターが存在するときに《E・HERO エアーマン》効果発動した場合、それらの効果チェーンして発動できますか?
A:いいえ、破壊効果発動する時点では破壊されるカードの枚数や自分カード破壊されるか不確定ですので発動できません。(09/11/26)

処理の依存関係について

Q:《裁きの龍》破壊効果に対してこのカード発動し、それにチェーンをして《禁じられた聖杯》効果《裁きの龍》効果無効になった場合、このカードの効果によって《裁きの龍》破壊されますか?
A:ご質問の場合、このカードの効果によって《裁きの龍》効果無効にする処理ができないので、《裁きの龍》破壊することができず、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚することもできません。(12/05/17)

Q:相手《大嵐》に対し発動した所、相手は《スターライト・ロード》にチェーンして《非常食》発動《大嵐》墓地へ送りました
  《スターライト・ロード》は《大嵐》破壊できていない事になりますが、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚することは可能ですか?
A:《大嵐》破壊できていない事になるため、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚することはできません(《大嵐》効果無効になります)。(10/05/24)

Q:相手《E・HERO アブソルートZero》墓地へ送られ発動した誘発効果に対してこのカードチェーンし、《E・HERO アブソルートZero》誘発効果無効にしました。
  この場合《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚することは可能ですか?
A:墓地カード破壊することはできないので、エクストラデッキから《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚する事はできません。(10/05/11)

Q:相手《E・HERO アブソルートZero》エクストラデッキ戻り発動した誘発効果に対してこのカードチェーンし、《E・HERO アブソルートZero》誘発効果無効にしました。
  この場合、エクストラデッキにある《E・HERO アブソルートZero》破壊し、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚することはできますか?
A:はい、できます。(10/06/03)

その他

Q:《大嵐》発動チェーンしてこのカード発動した場合、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚された時に《激流葬》発動できますか?
A:いいえ、チェーン2で《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚した後にチェーン1の《大嵐》の処理が入るため(効果自体は無効化され発動のみ行われる)、《激流葬》タイミングを逃して発動できません。(10/01/06)

Q:自分フィールド上にセットされた《スターライト・ロード》と《A・O・J ディサイシブ・アームズ》のみが存在します。
  相手《裁きの龍》効果チェーンして《スターライト・ロード》を発動相手がさらに《強制脱出装置》チェーンして《A・O・J ディサイシブ・アームズ》エクストラデッキ戻した場合、《スターライト・ロード》の解決時に破壊される自分フィールド上のカードは《スターライト・ロード》1枚しかありませんが、《裁きの龍》効果無効化することはできますか?
A:相手《裁きの龍》効果処理時に、自分フィールド上のカードが2枚以上破壊されない場合でも、《スターライト・ロード》によって、《裁きの龍》効果無効にし破壊した後、《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚する事ができます。(10/04/13)

Q:自分《爆導索》に対して発動できますか?
A:いいえ、《爆導索》自身は破壊されないため発動できません。(11/06/16)


Tag: 《スターライト・ロード》 通常罠

広告