《スノーマン・エフェクト》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
そのモンスター以外の自分フィールドのモンスターの元々の攻撃力の合計分アップする。
このカードを発動するターン、対象のモンスターは直接攻撃できない。

 DARK NEOSTORMで登場した通常罠
 対象以外のモンスター攻撃力対象モンスターに上乗せする効果を持つ。

 攻撃力を1体に集める点は《ユニオン・アタック》《BF−暁のシロッコ》と同じだが、こちらは対象モンスター以外が攻撃不可能になる制約はない。
 直接攻撃不可能になる制約は掛かるため、攻撃力を得たモンスター相手モンスター戦闘破壊し、他のモンスター直接攻撃を狙うという運用となる。
 相手ターンでも使えるため、相手攻撃からコンバットトリックで弱小モンスターを守る事も可能。

 参照するのが元々の攻撃力のため、《聖刻龍−ドラゴンヌート》効果の対象にする事で、効果トリガーとしつつ、先に特殊召喚したモンスター攻撃力を上乗せするコンボが狙える。
 【オッドアイズ】ではペンデュラム召喚フィールドモンスターを展開しやすく、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》攻撃力を上げれば莫大な戦闘ダメージを見込めるため相性が良い。

  • モチーフは「雪だるま式」という慣用句だろう。
    雪玉を転がすとどんどん大きくなるように、借金などが積み重なって加速度的に増えていく事を表す。
    • 因みに英語では「Snowball effect(雪玉効果)」などと言う。

関連カード

効果関連

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《スノーマン・エフェクト》 通常罠

広告