《ダイナレスラー・マーシャルアンペロ/Dinowrestler Martial Ampelo》

効果モンスター
星1/地属性/恐竜族/攻 600/守   0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の他の「ダイナレスラー」モンスターが、
その攻撃力以上の攻撃力を持つ相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは半分になる。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「ダイナレスラー・マーシャルアンペロ」以外の「ダイナレスラー」モンスター1体を手札に加える。

 CHAOS IMPACTで登場した地属性恐竜族下級モンスター
 自身以外のダイナレスラー戦闘破壊耐性を与え、戦闘ダメージを半分にする誘発即時効果相手攻撃宣言時に自身を除外することで同名カード以外のダイナレスラーサーチする誘発効果を持つ。

 (1)は戦闘破壊耐性付与と戦闘ダメージ半減。
 《ダイナレスラー・マーシャルアンキロ》と比べて次のターンの切り返しには期待しにくい。
 (2)の効果を狙うために使うことになる。
 発動条件の関係上「ダメージ計算時におけるコンバットトリック」には対処しきれないケースもあるので注意。

 (2)は、ダイナレスラーモンスターならば同名カード以外をサーチできる。
 しかし効果の発動までには少々手間がかかり、発動トリガー相手に依存するため、任意のタイミングで手札を整えることができない場面も発生し得る。
 《ダイナレスラー・マーシャルアンガ》《ダイナレスラー・マーシャルアンキロ》といった手札誘発効果を持つものをサーチすることで、その戦闘から即座に発動できるが、墓地から発動する関係上相手もそれを読んだ動きができてしまう。
 そもそもダイナレスラーは全て恐竜族のため、サーチ条件が遠回しなこのカードを使わずとも《魂喰いオヴィラプター》《化石調査》サーチが効いてしまうのも厳しい。
 ダイナレスラーのサポートを受けられる点や、(1)の効果と合わせて用途を見出さないと立場は厳しいと言わざるを得ない。
 とはいえ、上記2枚の恐竜族専用サーチカードはそれぞれ制限カード準制限カードなので、安定性の向上を目的にこのカードも併用するというのは十分選択肢となるだろう。
 特に、《化石調査》ではサーチが効かない《ダイナレスラー・パンクラトプス》サーチが可能な点は優秀で、発動のタイミングも返しのターンで展開しやすい《ダイナレスラー・パンクラトプス》とは噛み合う。

 ダイナレスラー唯一のレベルモンスターであり、《幻創のミセラサウルス》1枚からリクルートすることができる。
 ダイナレスラーリンクモンスターリンク素材を用意する補助として用いた上で、(2)の効果の準備へとつないでいきたい。

  • 名前の由来は「マーシャルアーツ」と白亜紀の恐竜「アンペロサウルス」だろう。
    アンペロサウルスは白亜紀後期のフランスに生息していた竜脚類で、全長15mとそれほど大型ではないが、背中に皮骨の鎧を纏っていた。
  • アニメでは(2)の効果は無かった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ダイナレスラー・マーシャルアンペロ》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 恐竜族 攻600 守0 ダイナレスラー

広告