《チキンレース/Chicken Game》

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。
(2):お互いのプレイヤーは1ターンに1度、
自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●デッキから1枚ドローする。
●このカードを破壊する。
●相手は1000LP回復する。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場したフィールド魔法
 ライフの少ないプレイヤーが受ける全てのダメージを0にする効果、1000ライフを払ってドロー・このカード破壊相手ライフ回復のいずれかを行う効果を持つ。

 (1)はライフが少ない方のプレイヤーダメージを受けなくなる効果
 このカードが存在する状況で相手ライフを0にするには、「自分ライフ相手より下回っている時に、1回のダメージ相手ライフ総量を上回るダメージを与える」必要がある。
 ただし、自分相手も1000ライフ払うことでこのカード自壊させられるため、この条件が活きてくるのは破壊されない耐性を付与した場合になる。

 (2)の効果は、1000ライフを払う事で「ドロー」「自壊」「相手回復」のうち1つを適用できるもので、お互いに使用可能という珍しい性質を持つ。
 どちらのプレイヤー手札状況が整っていなければドローを行い、(1)の効果が邪魔になれば自壊させるのが基本となる。
 とりあえず発動して1回ドロー効果を使うだけでも、「1000のライフ・アドバンテージと引き換えに1枚ドロー」となり、《成金ゴブリン》1枚分のドロー加速は果たしたと言える。
 また1ターンに1度の制限が同名カードに対して掛かっていないので、1ターンに複数枚発動すればその分ドロー加速が進む。

 ただし、ドローしても(1)の効果のために1ターンキルには繋げられず、返しの相手ターン相手ドローすることになる。
 多少相手ドローさせるのもやむなし、不要になれば自壊させればよいと割り切って使ってもよいが、可能であればドロー後にこのカード除去してしまうのが望ましい。
 もっとも簡単なのは他のフィールド魔法で上書きしてしまう事である。
 《テラ・フォーミング》フィールド魔法を併用するデッキで採用すれば、手札《テラ・フォーミング》がだぶついた際にまずこのカードサーチして1枚ドローし、本命のフィールド魔法で上書きする事で手札事故の解消にもつながる。
 《テラ・フォーミング》サーチ選択肢を増やすことで、本命のフィールド魔法の採用枚数を削りやすくなり、同名カード被りの手札事故を軽減できるという副次的なメリットもある。
 フィールド魔法の張り替え効果を持つ《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》とも好相性で、ライフコストを補充しつつ、このカードの2枚目または本命のフィールド魔法サーチできる。
 その他には《霞の谷のファルコン》《宇宙砦ゴルガー》等でのバウンスも有効である。

 基本的にはフィールド魔法を使うデッキやとにかくドロー加速が行いたいデッキにおいて、単発に近いドロー加速手段として幅広く使用されている。
 しかし非常に特殊な性質のカードなので、以下のようにデッキ構築によっては異なる側面での活用も可能となる。

  • チキンレースとは度胸試しの一種。
    2台の自動車が同時に壁や崖に向かって直進し、先にブレーキを掛けた方がチキン(臆病者)とされる。
    イラストでは、《鬼タンクT−34》《ガトリングバギー》が「どちらがより崖ギリギリまで止まらず行けるか」の勝負をしているようである。
    しかし通常、チキンレースは同じ条件の車で行なわれるべきであって、重量、機構などが異なると思われる《鬼タンクT−34》《ガトリングバギー》とで勝負を行っても、それに公平性があるかはいささか疑問である。
  • このカード効果カード名の関連性を考えた場合、(1)の効果の下で戦闘や(2)の効果でお互いにライフを少しずつ減らしていき、それを相手から受ける1回のダメージで敗北する数値になるまで続けることを想定した上で、終わらせるタイミングの駆け引きを行うことを「チキンレース」と呼んでいると思われる。
    だが、実際は特殊勝利のために(2)のドロー効果を使用したり、すぐに除去することを前提に採用されることが多く、「チキンレース」が発生することはほとんどない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:自分フィールドにこのカードエクシーズ素材を持つ《真紅眼の鋼炎竜》が存在する時に、相手自分のこのカード効果発動した場合、《真紅眼の鋼炎竜》の(2)の効果適用されますか?
A:はい、その場合でも相手魔法カード効果発動した扱いになりますので、《真紅眼の鋼炎竜》の(2)の効果適用されます。(15/05/01)

Q:このカードの発動チェーンして《ご隠居の猛毒薬》発動された場合、(1)の効果カードの発動時ただちに適用されており、条件を満たしていればダメージは0になりますか?
A:いいえ、その場合(1)の効果適用されずにダメージを受けます。(15/05/22)

Q:このカードが存在し、自分ライフポイントが7500、相手ライフポイントが8000のときに、自分《火炎地獄》発動しました。
  相手が1000ダメージを受けた時点でライフポイントが逆転しますが、自分《火炎地獄》によるダメージを受けますか?
A:《火炎地獄》効果お互いに同時にダメージを受ける扱いとなりますので、相手は1000ダメージを受けますが、自分相手よりライフポイントが低いためダメージを受けません。(15/07/03)

Q:このカードが存在し、自分ライフポイントが7500、相手ライフポイントが8000のときに、相手攻撃力1000のモンスター対象《破壊輪》発動しました。
  相手が1000ダメージを受けた時点でライフポイントが逆転しますが、自分《破壊輪》によるダメージを受けますか?
A:相手《破壊輪》発動し、先に相手ライフポイント自分よりも低くなった場合は、その時点で自分ダメージを受ける事になりますので、自分《破壊輪》によるダメージを受けます。(15/07/03)

(2)の効果について

Q:《Sin スターダスト・ドラゴン》フィールドに存在している時、「●このカード破壊する」を選択することはできますか?
A:はい、その状況においても、このカードの『●このカード破壊する』効果発動する事はできます。
  結果的に、《Sin スターダスト・ドラゴン》効果適用されますので、このカード破壊されません。(15/04/30)


Tag: 《チキンレース》 魔法 フィールド魔法

広告