《デュアル・アセンブルム》

効果モンスター
星8/闇属性/サイバース族/攻2800/守1000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
サイバース族モンスター2体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力は半分になる。
(2):1ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。
このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つフィールドのモンスター1体を選んで除外する。

 ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−で登場した闇属性サイバース族最上級モンスター
 手札墓地から自身を特殊召喚する起動効果手札1枚を除外相手モンスター1体を除外する起動効果を持つ。

 (1)は、手札または墓地から自身を特殊召喚する効果
 手札フィールドからモンスター2体を除外するというコストはかなり重い
 無暗に使ってもカードを失うため、蘇生させるならガジェット・トークンを使うか、《ドラコネット》《ビットロン》リクルートして除外するなどしたい。
 ただし、攻撃力が半分になるデメリットもあり、(2)の効果の障害にもなる。
 この効果を使うよりは《RAMクラウダー》や汎用蘇生カードを使う方が得策である。
 使うなら《サイバネット・バックドア》を併用して、フィールドから離して攻撃力半減のデメリットを消し、直接攻撃可能にする運用となる。
 《RAMクラウダー》でこのカードリリースして蘇生することで攻撃力を元に戻すことも可能。

 この効果を使う手もないわけではない。
 《ドットスケーパー》除外帰還させてリンクモンスターに繋ぐ、コード・トーカー除外して《リコーデッド・アライブ》での帰還に繋ぐといった運用である。
 《リコーデッド・アライブ》《エクスコード・トーカー》帰還させこのカードの隣に配置すれば攻撃力強化される。

 (2)は、このカード攻撃力以下のモンスター1体を選んで除外する効果
 対象を取らない除外なので多くの耐性を突破でき、利便性は高い。
 ただし、単体では攻撃力2800までしか対応できず、(1)の効果特殊召喚された場合は除去範囲が攻撃力1400にまで下がる。
 強化弱体化を組み合わせて効果の範囲を広げたい。
 なお、効果解決時に条件を満たすモンスターが自身しか存在しない場合、このカード自体を除外することになる。

 (1)と(2)の効果コスト《ドットスケーパー》《バランサーロード》など除外された時に効果発動出来るカードを使うことでアドバンテージを得ることも可能である。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vs プロトタイプAIデュエリストA」戦にてPlaymakerが使用。
    手札に存在していたが、プロトタイプAIデュエリストAの《テンタクラスター・ドリルワーム》の効果先攻ターン目から墓地へ送られてしまった。
    次のPlaymakerのターンに自身の効果墓地から特殊召喚され、その後《ドットスケーパー》《フリック・クラウン》と共に《ベクター・スケア・デーモン》のリンク素材となった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《デュアル・アセンブルム》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 サイバース族 攻2800 守1000

広告