《トイナイト》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻 200/守1200
このカードはデッキから特殊召喚できない。
相手フィールド上のモンスターの数が自分フィールド上のモンスターの数より多い場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
手札から「トイナイト」1体を特殊召喚できる。

 デュエリストパック−遊馬編2 ゴゴゴ&ドドド−で登場した地属性機械族下級モンスター
 リクルートを封じる制限、自身を特殊召喚する召喚ルール効果同名カード手札から特殊召喚する誘発効果を持つ。

 特殊召喚効果を持つ機械族のため、《ギアギガント X》エクシーズ素材として活用でき、サーチすることもできる。
 特殊召喚条件は《ヴェルズ・マンドラゴ》と同じで非常に緩く、自分フィールド上にモンスターがいても大丈夫なので、《ギアギガント X》によるサーチ後にそのまま特殊召喚できる場合もある。
 リクルートできない制限があるため、低ステータスでありながら《機械複製術》《機甲部隊の最前線》には対応しないが、蘇生は可能なため《アイアンコール》等は利用できる。
 攻撃力500以下のため、《デブリ・ドラゴン》から蘇生してランクエクシーズ召喚に繋げることも可能。

 後半の効果同名カード特殊召喚できる効果であり、前半の効果を使用できなくなった時に役立つ。
 発動条件召喚・特殊召喚に成功した時のため、前半の効果はもちろん、他のカードでもトリガーになり、状況次第では《切り込み隊長》等のように使っても良い。
 前半の効果手札同名カードが全て特殊召喚できる時は無駄になるが、事故を回避する保険にもなるため、あって損のない効果である。

 シンクロ素材エクシーズ素材に適した扱いやすいモンスターだが、同種族・同レベルには似た役割を果たせる《ブリキンギョ》が存在する。
 こちらは召喚権を消費しないため、召喚に成功した時に効果発動するモンスターとの併用が可能。
 《マシンナーズ・ギアフレーム》を始め、機械族にも該当するモンスターは多いため、《ギアギガント X》と合わせてディスアドバンテージをカバーしやすい。
 また、属性マシンナーズなど多くの機械族カテゴリと共通するため、《御前試合》下での利用や《巌征竜−レドックス》との併用ができるのも利点。
 一方で、リクルートできない制限があり、特殊召喚効果も安定性では劣るため、総合的には一長一短である。
 このカード《ブリキンギョ》の相性が良いので、【ガジェット】等では双方の併用も考えられる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ時に特殊召喚した時に自身の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/09/21)

広告