《トライデント・ドラギオン/Trident Dragion》

シンクロ・効果モンスター
星10/炎属性/ドラゴン族/攻3000/守2800
ドラゴン族チューナー+チューナー以外のドラゴン族モンスター1体以上
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールド上のカードを2枚まで選択して破壊できる。
このターン、このカードは通常の攻撃に加えて、
この効果で破壊したカードの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

 RAGING BATTLEで登場した炎属性ドラゴン族シンクロモンスター
 シンクロ召喚に成功した時に自分フィールド上のカードを任意で2枚まで破壊でき、破壊した枚数分だけ攻撃回数を増やす誘発効果を持つ。

 チューナーチューナー以外のシンクロ素材がそれぞれドラゴン族に限定され、レベル10という高さもあって、シンクロ召喚できるデッキは限られる。
 加えて、効果を活かすためにはシンクロ召喚時に破壊対象を用意しておく必要がある。
 シンクロ素材は2体でも良いため、主に特殊召喚が容易な上級ドラゴン族を擁するデッキで運用する事になる。

 非チューナー側の選択肢は豊富だが、問題はドラゴン族チューナーである。
 該当するもののほとんどは、展開能力やディスアドバンテージの軽減に難のあるものが多い。
 よって【Sin】【聖刻】等に組み込む場合は、相応の手札事故や失敗時のリスクも覚悟しなければならない。
 反対に、チューナーとの連携が容易な【ドラグニティ】ならば、自然な流れでシンクロ召喚を狙う事ができる。
 《竜の渓谷》を用いてチューナーを調達しつつ、シンクロ召喚後はこれを破壊対象としてしまえる点も都合が良い。
 【ドラグニティ】では不足気味の突破力を補える他、展開状況次第では装備状態のドラグニティなども利用できる。
 ドラゴン族ではないが、自身を含めたシンクロ素材全員をドラゴン族に変更できる効果を持つチューナー《ジェノミックス・ファイター》も採用圏内。
 こちらは他種族と混合できるが、その場合ドラゴン族のみを素材にできる状況が限られ、シンクロ召喚手段が《ジェノミックス・ファイター》依存になってしまう。
 その他では、《ラブラドライドラゴン》《デブリ・ドラゴン》を使ったシンクロ召喚の方法が効率的。
 詳しくは下記を参照。

 このように、特化すれば簡単にシンクロ召喚できるが、破壊までも含めればディスアドバンテージは当然大きい。
 しかし、3回攻撃が通れば総ダメージ9000とゲームエンド級の火力となるため、見返りも大きい。
 シンクロ召喚したターンでしか効果適用されないため、このカードシンクロ召喚する場合は基本的に1ターンキルを狙うことになる。
 破壊対象としては、展開時に余った永続カード・展開用モンスター等の他、クイックエフェクト等を狙いたい。
 1ターンキルを狙う以上、通常魔法等をセットして強引に破壊対象を用意する手もある。

 召喚から効果を活かすまでの過程で相当なディスアドバンテージを負うモンスターなので、《聖なるバリア −ミラーフォース−》等には注意したい。
 シンクロ召喚以外の方法で特殊召喚できないため、蘇生帰還でリカバーすることも不可能。
 伏せカード除去したり、《王宮のお触れ》《トラップ・スタン》《竜魔人 キングドラグーン》《マテリアルドラゴン》を用いる等して、安全に召喚攻撃できる状況を整えたい。
 連続攻撃のためにカード破壊するのはコストではなく効果であるため、《エフェクト・ヴェーラー》等に止められても損失が少ないのはありがたい点である。

といったパターンが考えられる。
《ドラゴラド》《聖刻龍−ドラゴンヌート》はそれぞれ《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》特殊召喚コストになるので、これらのギミックは共存も容易。
《竜の霊廟》《エクリプス・ワイバーン》墓地へ送りつつ、《暗黒竜 コラプサーペント》《竜魂の城》除外すれば《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》サーチにも繋がる。
複数のギミックが手札に来た場合でも、このカード破壊対象《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》除外に充ててしまえばよい。
《聖刻龍−ドラゴンヌート》《輝白竜 ワイバースター》《暗黒竜 コラプサーペント》ならば、破壊してもそのまま後続が確保できる。
《聖刻龍−ドラゴンヌート》とのコンボに使った《デモンズ・チェーン》《竜魂の城》といった永続罠破壊対象にしやすい。
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》とこのカードエクシーズ召喚も狙えるため、2回攻撃でも充分に1ターンキルが可能である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:破壊効果対象をとりますか?
A:対象をとります。(09/02/19)

Q:破壊効果発動し、効果解決時にこの効果対象カード破壊することができなかった場合はその分追加攻撃はできますか?
A:「このモンスター効果破壊」できなかった場合それは枚数に含まれず、その分の攻撃増加は発生しません。(09/05/27)

Q:破壊効果発動し、効果解決時対象に選択した自分モンスターコントロール相手に移った場合、そのモンスター破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(12/07/12)

Q:シンクロ召喚された時に何もカード破壊しない事はできますか?
  また、その場合はチェーンブロックは作られますか?
A:チェーンブロックを発生させたならば、必ず1枚以上破壊しなければなりません。(09/06/28)

Q:このカード自身の効果で複数回攻撃ができる状態の時に《スキルドレイン》発動した場合、その効果無効になりますか?
A:いいえ、無効にならずにその場合でも複数回攻撃できます。(09/04/02)

Q:《不運なリポート》等で追加のバトルフェイズが発生した場合、同じく追加攻撃は可能ですか?
A:同一ターン中なので、2回目のバトルフェイズでも連続攻撃できます。(10/09/05)

Q:《歯車街》破壊されたとき、《歯車街》任意効果タイミングを逃す事になりますか?
A:《トライデント・ドラギオン》の効果カード破壊されたというタイミングで終了するため、破壊された《歯車街》効果発動する事ができます。(09/02/22)

Q:このカード破壊効果解決時表側表示で存在しない場合にも、対象に選択されたカード破壊されますか。
A:その場合も《トライデント・ドラギオン》の効果によって選択したカード破壊します。(12/02/16)

Q:誘発効果効果解決時に、このカード裏側表示になっていました。
  このターン表側攻撃表示になった場合、通常の攻撃に加えて破壊した枚数分攻撃する事ができますか?
A:はい、攻撃できます。(14/11/09)


Tag: 《トライデント・ドラギオン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 炎属性 ドラゴン族 攻3000 守2800 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告