《トリオンの蟲惑魔(こわくま)/Traptrix Myrmeleo》

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1600/守1200
このカードは「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードの効果を受けない。
このカードが召喚に成功した時、
デッキから「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカードが特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した地属性昆虫族下級モンスター
 蟲惑魔共通の耐性についての永続効果召喚に成功した時にホールまたは落とし穴と名のついた通常罠サーチできる誘発効果特殊召喚に成功した時に相手魔法・罠カード破壊する誘発効果を持つ。

 前半の効果召喚に成功した時に落とし穴サーチする効果
 《奈落の落とし穴》を筆頭に、落とし穴は強力な効果を持つカードが存在し、それをアドバンテージを取りつつサーチできる効果は優秀と言える。
 ただし落とし穴は、《狡猾な落とし穴》を除き発動トリガーが決まっている罠カードであり、それをサーチしたことを相手に知られてしまい対策されやすい。
 相手落とし穴の存在を知った上で行動する事になるため、「伏せたのがサーチした落とし穴なのかどうか」「どのカード落とし穴を消費させるか」など、相手に心理戦を強いるカードと言える。
 また、他にも大量の除去を利用する事で、例え伏せカードの正体がわかっていようと対処できない状況に持ち込む事ができる。
 このカード自身はそれなりの攻撃力を持つため、相手モンスター除去し続ければ、自分は隙の大きな動きをせずとも、直接攻撃ライフを削り取っていく事ができる。

 後半の効果特殊召喚に成功した時に発動するが、攻撃力リクルーターリクルート条件を超えているため、《巨大ネズミ》等では特殊召喚できない。
 《ティオの蟲惑魔》ならば召喚するだけで効果無効化せずに墓地から特殊召喚できるため、魔法・罠除去からエクシーズ召喚に繋ぐ事で安定してアドバンテージを得られる。
 その他にもデッキからは《召喚僧サモンプリースト》手札からは《ゴブリンドバーグ》昆虫族では《カブトロン》などが同じレベルモンスターであるため、同様の運用が可能となる。
 《ブラック・ガーデン》ローズ・トークン2体分で蘇生したり、レベルモンスター《孵化》を使ったりするなど、特殊召喚の方法は少なくない。
 このカード墓地に存在する場合、《リビングデッドの呼び声》エンドサイクの要領で発動することもできる。
 タイミングを逃す事がないので、《サイクロン》などにチェーンする形で利用できる。

 総じて、フィールドに出すだけでアドバンテージを得られる優秀なカードであり、蟲惑魔デッキだけでなく普通のビートダウンデッキでも使用できる。
 蟲惑魔に限った効果ではなく、このカード落とし穴を一般的なデッキに投入することで、デッキ除去能力を向上させることができる。
 《大樹海》によるサーチが簡単で、墓地に落ちたあとも《デビルドーザー》等のコストになる【昆虫族】では、どちらの効果昆虫族の苦手な除去を補ってくれるだろう。
 また、地属性レベル4で除去カードサーチ可能と言う所から【ガジェット】とも相性は良く、《ブリキンギョ》特殊召喚すれば破壊効果も狙える。
 【忍者】では手札落とし穴《成金忍者》コストに転用する事も可能。
 《忍法 変化の術》《BF−精鋭のゼピュロス》《リビングデッドの呼び声》といったものと連携をとれるため、相性が良い。

  • カード名の由来は、英語でアリジゴクを表す「Antlion(アントリオン)」だろう。
    アリジゴクはウスバカゲロウの幼虫であり、地面にすり鉢状の穴を堀って、落ちてきたアリ等の小動物を捕食する昆虫である。
    また英語名は、コウスバカゲロウ属のラテン語名である「Myrmeleon」から取られている。
    落とし穴と密接な効果を持つこのカードにぴったりなモチーフといえる。

関連カード

―《トリオンの蟲惑魔》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告