《ドットスケーパー》

効果モンスター
星1/地属性/サイバース族/攻   0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、それぞれデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−で登場した地属性サイバース族下級モンスター
 墓地へ送られた場合、または除外された場合に自身を特殊召喚する効果(いずれも誘発効果)を持つ。

 このカードの持っている2つの効果はどちらも自身を特殊召喚する効果である。
 1ターンに1度、いずれか1つしか使えない上にどちらの効果デュエル中に1度しか使えないという重い制約をもつ。

 (1)は自身が墓地へ送られた場合の蘇生
 《サイバース・ガジェット》はこのカード蘇生でき、《サイバース・ガジェット》と(1)の効果を使用していないこのカードリンク素材としてリンク2のリンクモンスターを出せば、《ファイアウォール・ドラゴン》などのリンク4のリンクモンスターを展開できる準備が整う。

 (2)の効果は自身が除外された場合の帰還
 《デュアル・アセンブルム》コストや、変わったところでは《ブロックドラゴン》召喚コストにしてみるのも面白い。

 守備力は高いものの現環境ではすぐに突破されてしまうので、フィールドに出したこのカードはなるべく素材などに使ってしまいたいところ。

  • 英語で「dot」は「点」などを意味するが、小さい立方体が集まり構成されているようなイラストを見るに、コンピュータグラフィックスの用語の「ドット」が名前の由来だろう。
    初期のCGは、小さい正方形を多数並べることで画像を構成していたため輪郭線などがカクカクになっていた。
    「スケーパー」は、英語で「風景」を意味する「scape」に「〜する人」を意味する接尾辞「er」を付けていると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ドットスケーパー》 効果モンスター モンスター 星1 地属性 サイバース族 攻0 守2100

広告