《ドラゴニック(ダイアグラム)/Dragonic Diagram》

フィールド魔法(17/07/01から制限カード)
(1):フィールドの「真竜」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
アドバンス召喚した「真竜」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、
デッキから「真竜」カード1枚を手札に加える。

 マキシマム・クライシスで登場したフィールド魔法
 真竜全体強化する効果アドバンス召喚した真竜戦闘破壊耐性を与える効果自分手札フィールドのカード1枚を破壊して真竜サーチする効果を持つ。

 (1)の効果真竜全体強化
 微弱な数値ではあるが、基本的な打点が高めの真竜モンスターにとっては決して無視できるものではない。
 特に真竜上級モンスターは2500台には突破されなくなり、《ヴェルズ・オピオン》を突破可能となるのは小さくないメリットである。

 (2)の効果アドバンス召喚した真竜戦闘破壊耐性を付与する効果
 上級真竜モンスターの(2)の効果相手効果に対してチェーンする性質があり、その前に戦闘破壊されると発動できないが、その欠点を補うことができる。
 また、《真竜機兵ダースメタトロン》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》破壊され(2)の効果を使えないというケースも防ぎ易い。

 (3)の効果真竜サーチ効果
 モンスターだけでなく魔法・罠カードサーチできる。
 破壊するカードの種類を問わず、手札からも選べるので利便性は非常に高く、ダブついた《テラ・フォーミング》同名カードを活用できる点も大きい。
 また、真竜皇(凰)フィールド《真竜の継承》等を破壊すれば被破壊時の効果を使用できる。
 《炎王の孤島》等の類似カードと比べて破壊できる範囲・種類の縛りが緩いので、破壊時に効果発動できるカード出張させても良いだろう。
 《グリーン・ダストン》とは相性がよく、破壊してレベル9の真竜サーチし、このカードバウンスサーチした真竜破壊することができる。

 《炎王の孤島》《天空の虹彩》と同じく、破壊された時や墓地へ送られた時に効果発動できるカードを使用するための採用も期待できる。
 こちらは破壊できる範囲が上記の2枚より広く、サポートカードの多い真竜サーチでき、デメリットもないため筆頭候補である。

  • 「ダイアグラム(Diagram)」は「図形、図解」を意味する。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ドラゴニックD》 魔法 フィールド魔法

広告