《ドラゴン・ウィッチ−ドラゴンの守護者(しゅごしゃ)−/Lady of D.》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1500/守1100
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上のドラゴン族モンスターを相手は攻撃対象に選択できない。
フィールド上のこのカードが戦闘またはカードの効果によって破壊される場合、
代わりに手札からドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

 GALACTIC OVERLORDで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 自分フィールド上のドラゴン族攻撃対象にできなくする永続効果、自身が戦闘またはカードの効果破壊される場合に手札ドラゴン族を身代わりにできる永続効果を持つ。

 1つ目の効果により、自分ドラゴン族モンスター戦闘から守ることができる。
 しかし、この効果が有益な「ステータスは低いが、フィールドに維持し続けることがメリットになるモンスター」というのはドラゴン族の中にはほとんど存在しない。
 むしろ【ドラゴン族】の主力は戦闘破壊された時に効果発動する下級モンスター《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》から大量展開される高攻撃力最上級モンスターであり、双方共にこの効果で守る意義は希薄である。
 また、このカード自体は魔法使い族であるため、同名カードを並べようとも《切り込み隊長》等のようにロックすることはできず、このカード攻撃を受けてしまう。
 自身のステータスも高くないため、身代わり効果を使用しなければすぐに対処されてしまうのが痛い。
 しかし、《DNA改造手術》ドラゴン族を指定することにより直接攻撃以外の攻撃を封じることができる。
 このモンスター《ミスト・ボディ》を装備させるなどの工夫をしない限り、1つ目の効果は扱いづらい。
 ただし相手ターンには全くの無防備になってしまう《クリアー・バイス・ドラゴン》や、聖刻効果特殊召喚された攻撃力守備力0のドラゴン族を守る事ができる。

 後半の身代り効果は自身の場持ちを高め、ドラゴン族を守る効果をより長く保持できる。
 また、相手効果に限定されていないため、自分《激流葬》等に巻き込んだ場合でもドラゴン族墓地へ送ることで維持ができる。
 しかし、手札を消費してまでこのカードを守る必要があるか、というのが問題である。

 似たような立場の《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》と比較した場合、高攻撃力の主力モンスターに有用な効果を持つあちらのほうが圧倒的に勝る。
 さらに向こうにも言えることだが、自身が魔法使い族であるために効果の対象に含まれず、【ドラゴン族】においてドラゴン族サポートカードが利用できないうえ、《ミンゲイドラゴン》《一族の結束》との相性も悪い。
 向こうに比べ身代わり効果が存在し攻撃力も勝っているが、それでも高いとは言えないうえにそもそも維持するだけの魅力に欠けていては仕方がない。
 総合すると《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》以上に採用は難しいだろう。

  • 英語名では「ウィッチ」や「守護者」といった要素が無くなっている。
    《Lord of D.》を意識したためだろう。

関連カード

―《ドラゴン・ウィッチ−ドラゴンの守護者−》の姿が見られるカード

収録パック等

広告