《ナンバーズ・ウォール/Number Wall》

永続罠
自分フィールド上に「No.」と名のついたモンスターが存在する場合に発動できる。
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いのフィールド上の「No.」と名のついたモンスターは、
カードの効果では破壊されず、
「No.」と名のついたモンスター以外との戦闘では破壊されない。
自分フィールド上の「No.」と名のついたモンスターが破壊された時、このカードを破壊する。

 コレクターズパック−ZEXAL編−で登場した永続罠
 お互いNo.破壊耐性を付与し、No.破壊された時に自壊する効果を持つ。

 破壊耐性効果が付与されることで、No.破壊できる手段はNo.による戦闘破壊のみとなる。
 戦闘に強い《No.96 ブラック・ミスト》とは相性が良く、《No.39 希望皇ホープ》自壊効果も回避できる。
 自分発動した効果でも破壊されないので、《激流葬》等の全体除去カードとも相性が良い。
 他には、《No.74 マジカル・クラウン−ミッシング・ソード》《No.49 秘鳥フォーチュンチュン》等の対象に取る効果への耐性を持つカードと併用すれば非常に強固なとなる。

 ただし、このカード自体に耐性はなく、No.同士の戦闘のみとはいえNo.破壊されるとこのカード自身が自壊してしまうので対策は備えておきたい。
 また、あくまで対応できるのは破壊のみでバウンス等の除去には無力である。
 効果は双方のモンスターに及ぶため、相手No.にも耐性が付与されるので、相手を有利にしてしまうこともあり得る。

 類似カードとして、《エクシーズ・ヴェール》《エクシーズ・トライバル》が存在する。
 《エクシーズ・ヴェール》対象とする効果であればバウンス等の除去にも耐性を持ち、《エクシーズ・トライバル》破壊耐性に加えて除去効果も持っており、これらは《ジェネレーション・フォース》サーチでき、No.以外にも使用できる。
 一方でこちらは対象が限られる分相手に利用されるリスクも低く、またエクシーズ素材を維持する必要がないというメリットがある。
 自分デッキにどれだけNo.を投入するか判断した上で、このカードの採用を検討したい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自壊する効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(13/08/15)

Q:《宮廷のしきたり》が存在する状態で、自分No.破壊された場合、このカードは自身の効果により破壊されますか?
A:《宮廷のしきたり》効果適用されている場合、《ナンバーズ・ウォール》は破壊されず、フィールドに残ります。(18/06/24)

Q:自分No.破壊された時に《宮廷のしきたり》でこのカード破壊されず、自分フィールドNo.が存在しない場合、このカード効果は残りますか?
A:残ります。(18/06/24)


Tag: 《ナンバーズ・ウォール》 永続罠

広告