《バスター・リブート》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「/バスター」モンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターとカード名が異なる「/バスター」モンスター1体を
召喚条件を無視してデッキから守備表示で特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、「バスター・リブート」以外の自分の墓地の、
「バスター・モード」のカード名が記されたカード及び
「バスター・モード」を任意の数だけ対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードをデッキに戻す。

 DARK NEOSTORMで登場した通常罠
 リリースした/バスターカード名が異なる/バスター召喚条件を無視してリクルートする効果墓地から除外する事で《バスター・モード》関連のカードデッキに戻す効果を持つ。

 (1)はコストにした/バスターカード名が異なる/バスター召喚条件無視でリクルートする効果
 /バスターは正規手順以外で出していても良く《青天の霹靂》手札から出したものでもリリースできる。
 《ファントム・オブ・カオス》等でカード名コピーするなどの方法を取るのも手。
 ただ、この手順でも正規手順でも出しにくいという点は変わらず、このカード腐る可能性が出てくる。
 《バスター・モード》効果扱いで特殊召喚するわけではないため蘇生制限を満たせず、《スターダスト・ドラゴン/バスター》自己再生できず相性が悪い。
 一応、効果を使用した《アーカナイト・マジシャン/バスター》コストにすれば無駄がない。
 しかし、守備表示限定なのでバトルフェイズの追撃としても使いにくい。

 /バスター除去を受けそうになった場合のサクリファイス・エスケープにするか、リクルートした/バスター効果を目当てにする事も狙える。
 《デスカイザー・ドラゴン/バスター》は状況次第では大量のモンスター蘇生できるので、一斉攻撃での追撃が狙える。
 《アーカナイト・マジシャン/バスター》全体除去が行えるので呼び出す価値はある。
 《TG ハルバード・キャノン/バスター》は元のシンクロモンスターが出しにくいため正規召喚が難しい代わりにステータスが高く、効果制圧的なのでこちらで出す価値がある。

 (2)は墓地除外《バスター・モード》関連のカードデッキに戻す効果
 直接アドバンテージを得られる効果ではないが、墓地へ落ちてしまった/バスターデッキに戻す役割は担える。
 とは言え、《おろかな副葬》等で直接墓地へ送る程の価値は見出しにくいので、こちらの効果は基本的にオマケに近いか。

 複数の/バスターを出すためにデザインされたカードだが、基本的に/バスターは使用するカードを絞り、そのカードと相性の良いデッキを組む。
 そのため、このカードで別の/バスターリクルートするより、カウンター罠などで/バスターを守ったり、同じカード《バスター・モード》で出した方が強い場合が多い。
 また複数の/バスターデッキに投入すると手札事故を起こす可能性もある。

関連カード

―(2)の対象となるカードについては/バスターモンスター及びこちらを参照

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《バスター・リブート》 通常罠

広告