《バランサーロード》

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1700/守1200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズにサイバース族モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−で登場した光属性サイバース族下級モンスター
 ライフコストを払うことでサイバース族を追加で召喚できる起動効果、自身が除外された場合に手札からレベル4以下のモンスター特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 (1)の効果サイバース族モンスター召喚権を1度だけ増やす効果
 召喚時にモンスターを展開できる《サイバース・ガジェット》《ドラコネット》サイバース族サルベージできる《ROMクラウディア》などとは相性がいい。
 また単純にモンスターの数を増やすことで、《RAMクラウダー》《ランチャー・コマンダー》などの効果コストを確保することもできる。
 類似した効果を持つモンスターと違い、ライフコストを払う必要があるので残りライフには注意する必要がある。

 (2)の効果は自身が除外された場合に手札からレベル4以下のモンスターを展開できる効果
 除外される場所や方法は問わないので、《デュアル・アセンブルム》効果コストなどに使用することで能動的にこの効果発動できるだろう。
 《封印の黄金櫃》なら即座に除外して効果発動でき、2ターン後にサーチできる。
 特殊召喚するモンスター下級モンスターであること以外の制限はないので、特殊召喚時にアドバンテージを得られるモンスター特殊召喚したい。

  • カード名の由来は「ロードバランサ(負荷分散装置)」だろう。
    ロードバランサ(負荷分散装置)とは、アクセス負荷(ロード)を冗長化されたサーバに分散することにより快適なサービスの提供や、過剰アクセスによる障害を未然に防ぐコンピュータ装置である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSで遊作/Playmakerが使用するモンスターの1体。
    初登場は「遊作/Playmaker vsリボルバー」(2戦目)だが、この時は特に効果を使う機会もなく、召喚後に《デコード・トーカー》リンク素材となった。
    (1)の効果の初使用は「遊作/Playmaker vs別所エマ/ゴーストガール」戦であり、《スキャンドール》を追加で召喚している。
    その後のデュエルでも度々登場し、主にリンク素材として活躍しているが、(2)の効果は未だに使用されていない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《バランサーロード》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 サイバース族 攻1700 守1200

広告